Vol.110 身体と心が喜ぶことと、魂が喜ぶこと

この地球社会では、ジョギングやヨガなどで身体と心を喜ばせ、趣味やレジャーなどで心を喜ばせているね。

それは、みんなのエネルギーの動力源を活性化し、生きる元気をもたらしてくれる、素晴らしいこと。

 

でも、もっと、大事なことがあるよ。

それは、魂を喜ばせること。

それは、この地球であなた以外に誰も存在せず、いまこの瞬間しか存在しないと仮定したときに、あなたが喜ぶこと。

loneliness-2308923_1920

他人の目も、社会の目もない、自由な自分が感じること。

それを楽しむことができるようになると、自然と、みんなの人間生命エネルギーの振動数が上がるんだ。

本当の意味で、幸せになるんだ。

Vol.109 地球生活における病気の役割

life-2730381_1280地球人のみんなは、

この病気さえなければ、幸せなのに、、、。

と、いつも、もがいているんだよね。

私ドクタードルフィンの鎌倉の診療所にも、全国また海外から、大変な病気の方々がたくさん来院する。

ほとんどの人は、この病気が治ってほしい、っていう痛切な願いを持っている。
それは、地球人の気持ちとしては、ごく自然なこと。
でも、みんなには、知ってほしい。

この病気だからこそ、自分が成長できることを。
この病気だからこそ、この地球に生きる意味があることを。

こうあってほしい。

この病気から、何を学べるのかな?
この病気から、何を気づけるのかな?

 

もちろん、それはとっても難しいことだよ。だけど、とっても大切なことなんだよ。

Vol.108 可能と不可能をつくるもの

たとえば、
自分の気持ちは「絶対できる」っていう状態なのに、この地球社会では、いつも、うまくいかない。

あるいは、
少し自信がないのに、この地球社会で、なぜかうまくいってしまう。

この両者で、鍵になるのは、何だろう?

ひとつは、もともと「魂のシナリオ」に、自らの魂進化と成長のために書き込まれている事実。

ふたつ目は、いまここにのみ働く「引き寄せの法則」として、そうであるとなりきる意識。

そして、三つ目は、周囲の集合意識が、どうとらえているかという方向性。

中でも、この三つ目の集合意識は、とっても強力なんだ。

glasses-1872805_1920

つまり、

周りが、それを可能と捉えるか、不可能と捉えるか?

周囲に、自分をどう感じさせるかっていうこと、すっごく大切なんだよ。

vol.107 初対面なのに懐かしいわけ

この地球社会では、地球人としては、初めて会うのに、なぜか、懐かしい感じのする人。
いませんか?

どういうことだろう?

これは、みんなの魂が、初対面として会う人の魂と、地球の時間軸でいう過去において、魂どおしが交流をしたことがあるっていうこと。

過去に会ったのは、違う地球かもしれないし、地球よりエネルギーの高い次元の星かもしれない。

poetry-2161128_1280
それらの過去の出会いの際、お互い、いまの地球で再会しようって、約束していたんだ。

だから、初対面だけれど、
「お久しぶり」
「懐かしい」
「やっと、お会いできた」
って感じ。

お互いが、魂の友なんだ、