vol.130 宇宙の惑星の誕生

ゼロポイントから発生した生命の個々のエネルギーは、ところところで集約して、エネルギーがとても重くなるポイントがあるんだ。

そのポイントで、大宇宙で第1番目の最初の物質性エネルギーが生まれるんだ。

それが、珪素。

いまの地球社会の科学では、原子番号14。

でも、この生まれたての珪素は、まだ目で見える物質ではなく、目で見えないエネルギーとしての高次元珪素

私ドクタードルフィンが伝えているように、

珪素は、シリコンホールというブラックホールをもつ、唯一の特殊物質エネルギー。

だから、大宇宙で最初の珪素たちは、シリコンホールで無限のエネルギーと共鳴し、そこから、珪素以外のいろいろな物質を、作り出すんだ。

そうして、宇宙の叡智に基づいて、作られたのが、惑星。

つまり、宇宙の成り立ちの、最初の最初は、珪素っていうこと。

珪素