vol.147 人を喜ばせるために生きるの?

人のため、 家族のため、 世界のため、 は、今までの物性社会の、優等生さん。 生まれてから、 「自分は抑えて人のために」って、教わってきたよね。 でも、それで、貴方は幸せ? 自分のために生きると、周囲の目が気になる? 自

vol.146 〜べきの次元

地球人はいつも、 こうあるべき こうなるべき で、生きている。 それはそれで、仕方ない。 地球は、常識と固定観念の星だから。 <〜べき>の裏側には、 「 いまここの自分自身がダメ 」 という設定があります。 ダメという設

vol.145 遺産相続でもめている人へ

あなたは、 いったい、何者なの? お金のために、生きているの? 損をすることが、そんなに嫌なの? 少しでも、得をしたいの? あなたって、 そんなに、 下等な生き物なの? お金を持つために、地球に来たの? だったら、さっさ

vol.144 幸せでないアナタへ

なぜ? 幸せでないって。 石たちを見てごらん。 川の水に打たれて、 幸せいっぱい。 山に照らされる光りを浴びて、 幸せいっぱい。 植物たちを見てごらん。 雨を浴びて、嬉しいなあ。 地中の水は、有難いなあ。 日光にも感謝。

第16回 ドクタードルフィン レクチャー&ミール

第16回ドクタードルフィン レクチャー&ミール 非常識な医師が語る本当のこと 〜皆さんが信じていることは間違っています〜 ドクタードルフィン レクチャー&ミール 先生のレクチャーで学び、先生とお話ししながら、楽しくお食事

vol.143 生きているのが、辛いときには

生きているのが辛い・・ ってことは、あなたは、 魂のわがままを言っているんだね。 脳を使う余裕があるんだね。 息を吸えているんだね。 心臓が動いてくれている。 本当に辛い・・ っていうことは、 息が吸えないこと。 あなた