vol.135 他人の姿を消せ

地球の人間は、自分のことを殆ど感じていない。自分のことを知らない。

なぜならば、自分の存在を、他人と比べることで、成り立たせているから。

 

自分の魂意識が望んでいないことを、望んでいる。

自分の魂意識が望んでいることを、望んでいない。

 

だから、いつも、もがいている。
いつも、完璧でない。

でも、本当は、すでに、完璧なんだ。
いつも、いつでも、魂が望んだ姿だから。