Vol.116 夢を叶えるということ

目に見えないDNA情報に、みんなのベースとなる人生のシナリオがあるって、お話し。

まず
地球で、どういう想いや願望を持つか?
何に憧れ、何を求めるか?
どういう夢を抱くか?

これらの情報があって、それに沿った経験や体験が存在する。

live-your-dream-2045928_1280

実は、その夢が叶う自分宇宙と、その夢が叶わない自分宇宙が、エネルギー的には、同時にパラレル世界としてあるんだ。

経験や体験を通して、自分の夢が叶う宇宙と叶わない宇宙、またはそれらの間の宇宙を、自分の魂の気づきや学びの度合いに合わせて、常に選択している。

だから、叶うも叶わないも、みんなの魂の望むところ。

つまり、いつも、どんなときも、最高のお喜び様!

Vol.114 うまくいかないことが続くとき

今度こそは、と、張り切って前進する。
でもか、また、うまくいかない。

その繰り返し。

もう、ダメかなって思う。
諦めてしまおうって考える。

地球社会🌏は、こんな状況がよく起こる。

多くの地球人は、ギブアップ。

しかし、「地球の時間枠の法則」。

hourglass-1703330_1280
それは、脳の前頭葉を、想いが実現したビジョンで満たした時間が、ある一定期間、ブレずに持続したときに、あるタイミングで、必ず現実に実現すること。

うまくいかないときにも、いつも、うまくいくイメージがもてれば、いつか、うまくいくっていうこと。

すべての人生のシナリオは、生まれる前に、すべて、見えないDNA情報に書き込まれている。

シナリオ通りに、失敗をくりかえして成功することもあり。
または、成功が書き込まれていなくても、前述の法則により、シナリオが書き換えられることもあり。

どちらにしても、うまくいかないことが続くときは、CHANCE !

Vol.112 人間の体も、実は空間だらけ

みんなの体って、細胞というピースで出来上がった塊(かたまり)という感覚だよね。

確かに、現代科学では、細胞や身体は物質である、という定義。

でも、最先端の量子科学で捉えると、細胞も身体も、空間である隙間だらけなんだ。
細胞を構成する分子も原子も、原子核と電子の間に存在する莫大な空間で成り立っているよ。

もっと、元を正せば、原子核も電子も、素粒子という最小の単位で構成されていて、さらには、それら素粒子も、螺旋振動するエネルギーでできているんだ。

宇宙は細胞だ
体を物質という塊であると捉えてしまうと、自分の体を簡単に変えることはできないって、思ってしまうわけだ。

しかし、螺旋振動するエネルギーからなる、空間だらけのエネルギー体だと受け入れれば、体には、どんなことも起こせる、どんなことも可能だって、わかるよね。

奇跡は、起きるんだ!

Vol.108 可能と不可能をつくるもの

たとえば、
自分の気持ちは「絶対できる」っていう状態なのに、この地球社会では、いつも、うまくいかない。

あるいは、
少し自信がないのに、この地球社会で、なぜかうまくいってしまう。

この両者で、鍵になるのは、何だろう?

ひとつは、もともと「魂のシナリオ」に、自らの魂進化と成長のために書き込まれている事実。

ふたつ目は、いまここにのみ働く「引き寄せの法則」として、そうであるとなりきる意識。

そして、三つ目は、周囲の集合意識が、どうとらえているかという方向性。

中でも、この三つ目の集合意識は、とっても強力なんだ。

glasses-1872805_1920

つまり、

周りが、それを可能と捉えるか、不可能と捉えるか?

周囲に、自分をどう感じさせるかっていうこと、すっごく大切なんだよ。

vol.107 初対面なのに懐かしいわけ

この地球社会では、地球人としては、初めて会うのに、なぜか、懐かしい感じのする人。
いませんか?

どういうことだろう?

これは、みんなの魂が、初対面として会う人の魂と、地球の時間軸でいう過去において、魂どおしが交流をしたことがあるっていうこと。

過去に会ったのは、違う地球かもしれないし、地球よりエネルギーの高い次元の星かもしれない。

poetry-2161128_1280
それらの過去の出会いの際、お互い、いまの地球で再会しようって、約束していたんだ。

だから、初対面だけれど、
「お久しぶり」
「懐かしい」
「やっと、お会いできた」
って感じ。

お互いが、魂の友なんだ、

vol.106 後悔を引きずらない大切さ

ああしなければよかった、ああしておけばよかった、なんでああしたんだろう、、、。

これは、典型的な地球人の生き方。

いつも、ひきずっている。
重い重い想いを。
みんな、イルカを見てごらん。
過去の後悔や思い出、未来の不安や想像、は、彼らの顕在意識にはないんだ。

dolphin-1974975_1920
いまこの瞬間の想いだけだよ。

いま、ここで、どう、感じるかだけ。
愉しい、悲しい、嬉しい、つまらない。

過去の想いは、本当は、今とは全く関係ないんだ。

後悔を引きずると、いまのこの瞬間は、輝くことができないんだ。

過去の後悔は、いまの想いを重くさせてしまう。
ハッピーから遠ざかるんだよ。

vol.105 「いとおしい」という感覚

どうやら、この地球の特別な性質として、地球人は、「いとおしい」という感情を持つようだ。
縄文エネルギーと今後の地球を研究される長堀先生から、UFOにアブダクション(宇宙的拉致)された彼の友人が高次元存在から授かった情報として聞いたものだ。

地球より高次元の宇宙社会では、この「いとおしい」という感情は、存在しないらしい。

couple-168191_1920

私ドクタードルフィンが、普段この地球社会で感じる「エネルギーの重さ」は、ここにあるのだろう。

 

ある人への想いや想い出が、今の感情に大きく影響するのが、地球だ。
これこそが、いとおしい、感覚。

この感覚は、地球でいろいろなことに気づいたり学ぶのに、とっても有効だね。
そういう想いを、地球人は、愛情って、愛って、解釈している。

でもね、宇宙次元の愛っていうものは、自分以外でなく、今の自分自身に向けられるもの。

今の自分が大好き。

いとおしいって、素敵だけど、つらいよね。
それが、地球で、生きるってこと。

vol.104 宇宙の応援を得るということ

本やブログに、宇宙の応援 というフレーズを、たくさん見かけるね。

宇宙の応援を得られれば、すべて、上手く行くって言われている。

support-2355701_1920

どういうことかっていうと、

みんなが自分の大元のエネルギーと繋がれば、みんなの魂が選んだ人生と身体は、楽で愉しい方向に向かう

っていうこと。
みんなの身体の中を流れるエネルギー、すなわち、身体ソウル・ウェイブ(神経の流れ)を整えることで、みんなは、自分の大元に繋がることができるんだ。

でも、宇宙の応援 は、成功 だけではないんだ。
いわゆる、失敗 もあるよ。

その失敗が、本当の自分になるのに必要なんだ。

vol.102 批判すること

frog-540812_1920

地球人は、すぐに、何かを、誰かを、批判する。
自分の価値観に合わないものを、悪くいう。

そうすることで、自分の存在を正当化している。
自分に、価値を与えている。

frog-540812_1920

でも、批判するエネルギーを、賞賛するエネルギーに変えてみよう。

悪口でなく、褒めてみよう。

批判という学びよりも、賞賛という学びのほうが、楽で愉しいから。

批判されるものや、批判される人は、それぞれ、そうされる役割を演じているだけ。

批判される人は、批判する人にその機会を提供することで、自分の魂を成長させている。そして、批判され、気づき、学ぶ。
批判する人は、批判することで自分の役割を演じる。
そういう批判劇を観察することで、地球社会は成長する。

だから、批判されること、批判する人たちに、感謝しよう。

それよりも、いっぱい、褒めよう!!!

vol.101 勝ちと負け

baseball-1495939_1920

地球社会は、「勝ち」と「負け」を作る勝負ゲームが大好き。

「勝ち」は、とても嬉しいし、興奮する。
ワクワクだね。

baseball-1495939_1920

でも、「負け」の役割は、とっても大切。

「負け」は、地球社会では、とても悔しいし、つらい。
でも、魂レベルでは、すごく進化、成長するんだ。

なぜなら、相手を喜ばせるから。
なぜなら、魂が、「勝ち」「負け」ではない、大事なものに、気づいたり、学ぶから。

だから、
「勝ち」は、地球の喜び!
「負け」は、宇宙の喜び!!

どちらも、お喜び様。