【DRDライトメッセージ2】宇宙に還ったあの人のこと

小林麻央さんは亡くなった。
ブログは時々フォローしていた。
全世界に勇気と元気を与える、素晴らしいご使命だった。
素晴らしい魂のご姿勢に祝福。
bowl-240214_1280
でも、この世から体を無くすことは、悲しいことではないんだ。
彼女自身の悲しみや無念は、彼女の魂が必要とした気づきや学びのための設定材料。
彼女だけでなく、彼女の家族の、大きな大きな気づきと学び。
お互いの魂の成長と進化のためにね。
本人と家族がお互いに、自分だけでなく、相手に気づかせる、学ばせる。
だから、「お喜び様」。

Vol.84 想いが実現する仕組み

この地球社会では、みんなの想いはなかなか実現しないね。

しても、すごく時間がかかっている。

 

でも、地球ってそういうところなんだ。

 

なぜなら、みんなの多くが想いは簡単に実現しないと、思ってしまっているから。

自分の魂の大元と繋がっていないから。

 

みんなが魂の大元と繋がること。

みんなが想いはいつもすでに実現していると知ること。

そうすれば、そういう世界になっていくんだ。

 

しかし、どんな想いでも実現するかというと、そうではない。

その想いを感じる時に、「楽で愉しい」状態である必要があるんだ。

 

想いにエゴがあると、実現しにくい。

それは、周囲の人や社会に恩恵を与えないから。

 

そしてエゴがあると、愉しいかもしれないが、決して楽ではない。

なぜなら、罪悪感や恐れが伴うから。

 

楽で愉しい「ぷあぷあ」で抱く想いが実現するんだ。84_blogpic

【DRDのライトメッセージ1】誰の口利きかって、そんなことを気にしているのかい?

誰の口利きかって?

誰が便宜はかったかって?
おみそ付きかって?
お偉い人の意向だって?

こんなのは、それはそれでいいじゃん。
だって、そういうエネルギーの交流なんだもん。

便宜をはかる方も、受ける方も、どちらも、お互いの魂の進化や成長のため。
お互いが望んでいること。

周りの集合意識は、ただ、静かに見守って、受け入れればいいんだ。

galaxy-10996_1280

自分の環境に当てはめようとするから、妬むんじゃん。面白くないんじゃん。

そこから、みんなが学ぶんだ、気づくんだ

それぞれの自分宇宙だよ。
自分だけだよ。

Vol.81 地球は本当に大変

81_blog

地球って、意識と意識が素直に純粋に交流できない、とっても大変なところ。

 

なぜかって?

 

それは時間があって、空間があって、重力があって、みんなの想いがすぐに実現しないから。

 

過去があるから、素直な自分を出せない。

将来があるから、今を生きることができない。

 

今を生きれば、楽で愉しいんだ。

ぷあぷあ なんだ。

 

みんな自分を守ろうとして、ほんとうの自分を表現できない。

自分の利益にならないことは隠したがる。

 

ほんとうに、大変だ。

 

でも、それはみんなが選んだ環境なんだ。

そこから、気づいて、学ぶんだ。

ほんとうの自分に向かって。

 

81_blog

vol.80 身体不十分で生まれる人たち

とっても勇敢な魂たちを祝福しよう!

地球に生まれる前に、体に障害を持つ自分を選んだことを讃えよう。

ただ、地球人として生まれてしまうとその選択を忘れてしまうんだ。

覚えていると、選んだ材料から、気づいたり、学んだり、できないから。

そういう障害をもつ子供をもつ両親にも拍手。

concert-768722__340その子供との魂の同意で、自分を成長させようとする存在だから。

すべてに、お喜び様。

vol.78 もがくことから脱出しよう

dolphin-806359_960_720

なぜ、地球人は、いろいろと、もがくんだろう?

それは、その問題が自分の意思とは関係なく、勝手に自分に降りかかってきたものだ、と心の奥底で考えるから。

「こんな目にあいたくなかった。」

「なんて、ついてないんだ。」

「もう、嫌になっちゃうよ。」

ていう感じ。

みんながもがかなくなる唯一の方法はこれだ。

私ドクタードルフィンが伝えるように、

「自分が体験するありとあらゆる人生と健康の問題は、自分の魂意識が、自己エネルギーの進化と成長のために喜んで選択した課題」

という絶対的宇宙真理を受け入れること。

これだけでいいんだ。

これができるようになると、もがかなくなっていくんだ。

dolphin-806359_960_720

vol.77 理解できなくて、いいんだよ

worried-girl-413690__340

 

地球人のみんなは自分を成長、進化させるために、いつも何かを吸収しようとしているね。

いまのままではダメと感じ、何かを学ぼうとしているんだ。

そして、自分をもっとよく知ろうとしている。

 

このように、みんなの魂は常に自己をよりよくしようとしているんだ。

何かを学ぶ手段としてセミナーに参加したり、本を読んだりするよね。

 

そして、こう思うんだ。

「難しい、理解できない」。

そして、学ぶことをやめてしまうんだ。

だから、いつまでたっても、ダメな自分のまま。

 

worried-girl-413690__340

 

理解しようとすることは、いままで生きてきた中で培ってきた脳の知識や情報を使って、その枠組みでわかろうとすること。

でも、ほんとうに大事なことは、その脳を使わなくとも、
宇宙の叡智から脳の真ん中にある松果体に スー と降りてくるんだ。

 

だから、この時に脳を使ってしまうと、その スー という流れを邪魔してしまうんだ。

 

理解することは、脳を喜ばせること。

 

みんながほんとうに必要とすることは、そうではなく、魂を喜ばせることなんだ。

 

mandala-1699156_1280

 

なんとなく面白い、理解できないけどそうなんだ、ぐらいでいいんだよ。

いつか、必ず、あなたに役立つ時が来るから。

 

 

 

 

 

vol.76 「男性・女性」について

colorful-1191019_1280

す大宇宙の成り立ちも、みんなの魂の生命エネルギーの始まりも、すべて、正反対のエネルギーで出来上がっているんだ。

 

みんなの魂の誕生シーンは、最初の頃のブログでお伝えしたと思うから遡って読んで欲しい。

グレートゼロから右巻き螺旋振動波エネルギーと左巻き螺旋振動波エネルギーが同時に発生している。

そして、今まさに自分自身として体験している意識は、右巻きエネルギーそのもの。

 

なぜ右巻きかって?

それは、あなたが一番最初に右巻きを選んだからだよ。

 

あなたが存在するこの大宇宙も、陰と陽、陰と光、悪と善、マイナスとプラス、ネガティブとポジティブ、といった具合に、すべてが正反対の集まりだ。

片方が存在するには、もう片方の存在が必要不可欠だってことなんだよ。

宇宙誕生のときの素粒子でさえ、正反対のエネルギーを両方もって生まれるんだ。

 

自分宇宙の大元に近い自己固有螺旋振動波エネルギーは、正反対のエネルギーを体験して学ぶ必要性は少ないけれど、地球レベルのみんなのエネルギーは、大元からかけ離れているため、正反対のどちらかを体験して学ぶことがとっても大切になってるんだ。

だから、みんなは、男か女のどちらかなんだよ。

 

brother-1252736_960_720

少しエネルギーの振動数が上がってくると、正反対の違い度が減ってくる。そのエネルギーは、性質的には、中立的になる。

 

だから、性機能障害で悩むみんな!

あなたは大丈夫。それは問題などではないんだよ。

 

Vol.71 人生の問題をなくそうとするとどうなるか

dolphin71

みんなの地球生活においては、楽で愉しく生きることを阻害するいろいろな問題が起こるよね。

このドクタードルフィンのブログを楽しむ君たちはもう、わかっているはず。

ほんとうのところは自分の魂エネルギーの意識が好んで選択したっていうこと。

ただ単に、その大事な課題である人生の問題をなくそうとするとどうなるか?

もちろん、課題を放棄して必然な気づきや学びが得られないのは、当然だが、それ以上にみんなが知っておくべきことは、こうだ。

その問題をなくそうとする瞬間、その人の意識は
「自分は、その問題を持っている」
という認識そのもので出来上がっている。

だから、その意識が常にその問題を創造し続けている、引き寄せ続けている、というわけ。

その問題をなくそうと強く思えば思うほど、その問題の存在をより強く認識している。

つまり、思えば思うほど、その問題を強化するということ

問題との良い付き合い方は、

一旦、問題を持つことを肯定すること。

そして、それから生まれる気づきや学びを楽しむこと。

 
これができればいろいろなパターンで問題が問題でなくなっていくんだ。

執着しなくなる。ゆるんでいく。

Vol.66 君の欠点は本当は美点なんだ

この地球社会で、みんなが欠点だと感じているものは、冷静に見てみると、

世間の常識や固定観念で良いとされているものに当てはまらないもの

と言える。

集中力がない、根気がない、諦めやすい、腹を立てやすい、落ち込みやすい、
ネガティブ思考

などなど。

つまり今の地球人にとっての地球社会に役立つかどうかという判断の中で、役立つものは良いとされている、とも言える。 

victims-1621406_1280

しかし、大宇宙のほんとうのところでは、欠点なんていうものは存在しない。

 

なぜなら、その欠点ある自分を自己の魂が選んだわけだから。

魂が地球の人間個体を選ぶとき、人間の目では見えない高次元多重螺旋DNA遺伝子を観て、その個体がどういう意識や感情を持ち、どんな性格や気性であるかを見極め、その欠点ある自分を選ぶ話をしたよね。

 

その欠点こそが、自己の魂エネルギーの乱れを修正するのになくてはならない、最適な材料なんだ。

その欠点があると、地球社会の常識と固定観念に合わないため、つらい、嫌な、苦しい思いをするだろう。
人にも社会にも認めてもらえず、もがくんだ。

 

でも、考えてみて。

そういう、自分や誰かの欠点を見て、人間はいろいろ学ぶんだ。

欠点は自分にとっても周囲の人間にとっても、気づきと学びの最高材料。

 

誰かの欠点と誰かの長所が組み合わさって、完全な地球社会のジグソーパズルが完成する。

 

だから、欠点は本当は美点だよ。

自分を、受け入れて、可愛がるんだ。