Vol.109 地球生活における病気の役割

life-2730381_1280地球人のみんなは、

この病気さえなければ、幸せなのに、、、。

と、いつも、もがいているんだよね。

私ドクタードルフィンの鎌倉の診療所にも、全国また海外から、大変な病気の方々がたくさん来院する。

ほとんどの人は、この病気が治ってほしい、っていう痛切な願いを持っている。
それは、地球人の気持ちとしては、ごく自然なこと。
でも、みんなには、知ってほしい。

この病気だからこそ、自分が成長できることを。
この病気だからこそ、この地球に生きる意味があることを。

こうあってほしい。

この病気から、何を学べるのかな?
この病気から、何を気づけるのかな?

 

もちろん、それはとっても難しいことだよ。だけど、とっても大切なことなんだよ。

【DRDライトメッセージ2】宇宙に還ったあの人のこと

小林麻央さんは亡くなった。
ブログは時々フォローしていた。
全世界に勇気と元気を与える、素晴らしいご使命だった。
素晴らしい魂のご姿勢に祝福。
bowl-240214_1280
でも、この世から体を無くすことは、悲しいことではないんだ。
彼女自身の悲しみや無念は、彼女の魂が必要とした気づきや学びのための設定材料。
彼女だけでなく、彼女の家族の、大きな大きな気づきと学び。
お互いの魂の成長と進化のためにね。
本人と家族がお互いに、自分だけでなく、相手に気づかせる、学ばせる。
だから、「お喜び様」。

Vol.72 病気をもつ人への進化した対処法

いままでの地球社会では病人に対して、

「お気の毒」「可哀想」

という固定観念をもつため、結果として

「よくなってね」「元気出して」「お大事に」

という言葉を投げかける。

そういう言葉を出す心の根底には

「自分は病気ではなくて恵まれている」

という具合に自分と病人とを比べ、病人を哀れんで、自分がより幸福ということを感じとっている

気の毒、可哀想、とみられる病人は、自分が健常人よりも劣っているという観念を植え付けられてしまう。魂が悲しむわけだ。

病気もその人が魂の進化と成長のために自らで選択したこと

だから、病気もお喜び様。

その病人は自己の魂エネルギーの乱れを修正するのに最も適した病気を選ぶんだったね。

より大変な病気を選択する魂は、より大きな進化と成長を目的とするとても勇敢な存在。

だから、病人には、

「あなたを誇りに思う」「あなたは素晴らしい」

そしてその病人は自己が学ぶだけでなく、あなたを含む周囲の人や社会にも学びを提供するのだから、

「有難う」「お喜び様」

これからの地球人は、病人に対して敬意と感謝を持ちましょう。

dolphin72

Vol.65 うまくいかない遺伝子

前章では、うまくいく遺伝子 について、お話ししたね。

 

今回はその逆で、うまくいかない遺伝子 のお話をしよう。

 

みんなの魂の意識エネルギーは、自己螺旋振動波エネルギーの乱れを修正するのに最も適した気づきや学びを得られる人間個体を、自ら選択していることは、再三、伝えてきたね。

 

うまくいかないことから、気づいたり学んだりする要素は、とても大きいんだ。

car-701770_1280

高次元の多重螺旋DNA遺伝子情報に書き込まれている、失敗、敗北、離婚、破産、病気などの、いわゆる地球でいうところのマイナス情報は、それぞれの魂にとって、それぞれが必要とする気づきや学びを得るための最適課題材料。

多くの地球人は、これらのうまくいかないことがあると、ついていない、不運、ダメだ、無理だ、という具合で、そこから何も気づくことなく、何も学ぶこともない。

このように、気づいたり学んだりできないのは、自らのソウル・ウェイブが乱れたままだから。

それを正していくことにより、自然に気づきや学びがなされていくよ。

 

身体や人生でうまくいかないことも、自らの魂の意識が好んで選択したこと。

このことを「そうなんだ、、、」と感じていくことが、とても大切。

 

うまくいかない遺伝子は、みんなにとって、なくてはならないものなんだ。

Vol.36 人間は遺伝子のスイッチをONにもOFFにもできるんだ

癌は相変わらず日本人の死亡率No.1に鎮座している。そしてみんなはいつも癌を恐れている。

でもね、癌遺伝子なんてものは地球人の誰もが持って生まれてくるものなんだ。

みんなは勘違いしているようだが、癌遺伝子があるから癌になるわけではないんだよ。
同様に、あるべき遺伝子がないから難病になる、という訳でもない。

 

癌遺伝子のように病気に関連する遺伝子が「オフ」になっていて、働くべき遺伝子が「オン」になっている状態が、いわゆる健康体。

逆に、病気関連遺伝子が「オン」になっていて、働くべき遺伝子が「オフ」になっている状態が、いわゆる病気、難病、というわけなんだ。

 

もともと、みんなの魂エネルギーは、自己の気づきや学びのために、ネガティブ遺伝子がオン、またはポジティブ遺伝子がオフになっている身体を選択して、この地球に生まれてくるんだ。
自己の魂の進化と成長に必要な病気や症状を選ぶわけだよね。

dna-869109_1920

このように、この世に生まれてくるときに必要な遺伝子の選択は、みんなが知っているDNAの二重螺旋だけではないんだ。「高次元多重螺旋DNA」という目に見えない遺伝子情報があるんだ。魂はその内容を見て、選択の大切な材料にしているんだよ。

 

この「高次元多重螺旋DNA遺伝子」には、身体だけでなく人生で起こることも書き込まれているんだよって、これまでのブログでお伝えしてきたね。

人生において体験する失敗や問題は、全て、例外なく自らが選んだものだというのが、僕がずっと言い続けている真理なんだ。

 

 

だけど、自分自身を書き換える方法があるんだ。いつも伝えているように、神経の流れである身体のソウル・ウェイブを正すことによって、必要な気づきや学びを得る過程で、遺伝子のオンをオフに、オフをオンに変えることができるんだ。

 

これこそが、地球人のスゴイところなんだよ。自分の設計図を書き換えるチャンスは、誰にでも与えられているんだ。

 

Vol.35 食べることは果たして必要か?

正しく食べないと健康や幸せは成立しない、と考える人がほとんどだ。

 

確かに、いまの地球の物質至上主義のライフスタイルでは、炭素を骨格とする栄養素(炭水化物、蛋白質、脂肪)を取ることで体を作り、エネルギーを生み出しているのであり、現代科学と現代医学では、理論的にはその通りかもしれない。

spring-1481494_1280

 

でも、大宇宙のほんとうのところは、存在エネルギー、つまり自己固有振動波エネルギーが十分に高ければ、いままでの地球社会で言われてきた必要栄養素を身体に取り入れなくても、自己の身体維持に必要な物質エネルギーを作り出すことができるんだ。

 

たとえば、宇宙の叡智からなる身体の叡智、すなわちソウル・ウェイブ(神経の流れ)が、自己の高いレベルの宇宙の叡智すなわち宇宙ソウル・ウェイブと繋がり共鳴すると、空間の素粒子などを形成する無数の振動波エネルギーを利用して、必要とするありとあらゆるエネルギーを生み出すことができるようになる。

これは、言い換えると、どんな素粒子も原子も分子も、そして細胞も作り出せるということなんだ。

 

では、自己のソウル・ウェイブ(神経の流れ)が高いレベルの宇宙の叡智(宇宙ソウル・ウェイブ)と共鳴するには、どうしたらよいのかという話になる。

まず身体の叡智である、身体ソウル・ウェイブ(神経の流れ)を正しく整えること、その乱れを正すことだ。

さらには、宇宙ソウル・ウェイブを身体ソウル・ウェイブに変換する松果体を強化すること。

 

神経の流れを正すことで、自己の魂が選択した課題を、選択した身体や人生の問題を体験することからこなしていくことになるよ。

その過程で神経の流れであるソウル・ウェイブが整い、高い振動数をもつ自己の宇宙ソウル・ウェイブと繋がるんだ。その結果として、自己固有振動波エネルギーの振動数が上がる、つまり、魂が進化、成長する。

高い振動数をもつ自己固有振動波エネルギーは、空間のエネルギーやなんらかの原子エネルギーを、身体の維持に必要なエネルギーに変えることができるんだ。

mandala-1699156_1280

これを、エネルギーの原子変換と呼ぶ。

地球人は、神経の流れを正して松果体を活性化していくと、食べる必要も、だんだんなくなっていくということ。

おもしろいね。

 

 

Vol.34 病気になった事実を受け入れること

地球人のみんなは、病気であることを、不運なこと、恵まれないことだと捉えているね。

だから、病気になると楽で愉しく生きることができなくなってしまうんだ。

anxiety-1337383_1280

「どうして自分が?」「かわいそうな自分」といった観念をいだいてしまうのが、いまの地球人の典型的な姿。

自己の魂の意識が自らの成長と進化のために、その身体と病気を選んだことを忘れてしまっているからなんだ。
地球次元のエネルギー法則として、効率性を上げるために、生まれてくると魂の記憶は消えてしまうものなんだ。

 

困難な病気であればあるほど、その病気になる意義は大きいよ。なぜなら、それから気づいたり、学ぶ要素が強いから。

病気によって家族と早くお別れすることになっても、普通の暮らしは出来なくなっても、やりたいことが出来なくても、それらはすべて、そうなることを魂は事前に知っていたこと。

 

みんなの魂がその病気を選択した理由があるのだと気づいて、それを解決する意識や感情の変化を持つことができれば、その設定された人生の現象を変えることはできるけれど、基本的には、設定通りの現象を体験することが一般的なんだ。

自己の身体が、この地球社会でいう「死」を迎えることも、実は魂の設定上の同意事項だし、病気による不自由な人生を生きることも、設定した同意事項。

だから、地球社会における死や不自由さも、実は、自己の魂が最も望んでいること。それから得る、魂の進化と成長がすごいんだ。

だから、その瞬間瞬間を、「これでいいんだ」と納得して生きることが大事だよ。

laugh-1391101_1280

自分が選んだ身体と人生の内容に逆らうことなく、それを受け入れることで、穏やかに、楽に愉しく生きられる。

 

現代医学の治療を受けたりして、その魂が選択した気づきや学びを捨て去ろうとすることで、身体の痛みや心の苦痛を生み出すんだ。

病気を拒絶したり否定せずに、それを素直に受け入れることにより、魂は成長と進化の過程を実践することになる。これこそが、地球で生きる本質なのだ。

 

 

vol.8 なんで病気になるの?どうして人生には困難があるの?

宇宙場に存在していた目にみえないそれぞれの固有振動波は、そのエネルギーの進化と修正をするために、最も効率の良い環境と個体(肉体)を選んでいるんだ。

固有振動波は意識をもっていて、地球でその人間として体験する身体の病気や人生の問題こそが、自分にとって最適な材料とわかっているんだ。

blog08_1

もうわかったかな?

そう、みんながこの地球や宇宙において体験することは、すべて自分自身の固有振動波が必要とする最適な現象なんだ

自分に起きるすべての事象は、自分自身の固有振動波を進化させるため、そして修正するための必要材料ということだね。

 

病気も悩みもすべて自分自身が選択したものだ、というのはこのことなんだよ。

 

これに気づくことが、いまのレベルの地球で生きていくのに最も必要なことといえる。

今の地球人は、身体の病気も人生の問題も、まるで自分の意志とは関係なしに自分にふりかかってくると考えているようだ。だから、生きているのが不安でしょうがない、怖くてしょうがないんだ。

いろんな不満があって自分は不十分だと思っている。
自分のことが大好きになれない。
自分を上手く表現できないから気分が晴れない。
自分は他人や他の生命とは別であるというエゴを抱えている。

 

でも、それらの負の要素こそが、みんなの根源が最も必要としていることであり、有り難く受け入れなければいけないものだよ。

それらの負の要素を通して、みんなの意識が学び、自己の固有エネルギーを整えるんだ。

 

例えば、病気になって不安や恐怖をもつと、その経験を通して、不安や恐怖を持つ必要はないんだ、とわかるようになる。そうすると、生きる力や自信がつき、生きる安定性が増すよ。痛みは苦しいけれど、身体がよくなろうとする修復反応である、とわかると楽になる。不満という感情を通して病気や悩みに感謝できるようになるし、自分を嫌った経験から自分が大好きになるんだ。

blog08_2

自分がどうあるべきかを悩んだ事により自分を表現するのもうまくなり、ストレスを持たなくなる。

最終的には、自分自身を他と隔離した経験から、自分自身を他人や他の生命と区別しない感覚を持てるようになるよ。
そして使命や生きがいに気づいていくんだ。

そして、楽で愉しく生きられるようになる。

blog08_3

そこまできたら、地球の学びはほぼ終わりだ。次の次元へいざ出発ということだね。

 

でもね、

このように気づいて学んでいくためには、目にみえない固有エネルギーである振動波が、正しく身体に流れていないとダメなんだ。

この流れが乱れていると、いつまでたっても永遠に病気や悩みに苦しむことになるんだよ。