【レポート】第一回ドクタードルフィンと行くぷあぷあツアー

宇宙メッセンジャードクタードルフィンとパワースポットを巡り、宇宙の叡智の奥義にせまる「ぷあぷあツアー」。
その第一回はドルフィン先生が「ピンと来た!」とおっしゃる、伊豆高原は大室山。その独特の形状はどこかイギリスの聖地グラストンベリーを彷彿とさせる威容を誇ります。
磐長姫命を祀る大室山浅間神社は江戸時代から信仰の場所だったそう。今回は総勢30名が集合しました。そのレポートです。
大室山 (伊豆フルより引用)
大室山 (伊豆フルより引用)

台風で荒天の予報が、当日一転し晴天に!

ツアー開催の1週間前の天気予報は雨で、スタッフ一同気を揉んでいましたが、当日10時には嵐が去り、一転して晴天に!

開催の11月11日土曜日は宇宙の変革が起きる日とされ、ぷあぷあツアー第一弾にはまたとない絶好の日程でした。

伊豆高原に降り立ったドルフィン先生の前には、太陽とシロナガスクジラ雲のお喜び様の歓迎がありました。

しかし大室山では、朝から嵐のような風が吹き荒れ、浅間神社のある大室山の山頂に登るリフトは止まっていました。

 

山肌のススキのうねりは、まるで生き物のよう。

大室山浅間神社に祀られる磐長姫(イワナガヒメ)は、富士浅間神社に祀られる容姿端麗の妹の木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)と違い、容姿が醜く、そのため悲しい運命を生きた神様、と伝説にはあります。

まるでこの大風は、その魂の悲しみと怒りを表現しているかのようでした。

そこで、麓の桜の里にて、各自の解放と再生を起こすスペシャルワークを行い、
磐長姫には、魂を解放し世に出させる祈りと舞いを献上しました。
すると、それまで大荒れの大室山の嵐風の揺れが、奇跡的に止みました。

10_large

ドクタードルフィンツアーの一行は、大室山の嵐風が止み(天照大神から日本の霊性を任された磐長姫のご機嫌が治り)、動き出したリフトにて山頂の浅間神社に迎えられました。

16_large

山頂では、浅間神社の御祭神であられる磐長姫の解放と再生の神事を行い、散策し下山すると、また、ロープウェイは止まってしまいました。

その後は、ホテルに戻りチェックイン。
簡単な共有会を行った後に、お楽しみの夕食へ。

夕食では磐長姫をお迎えして乾杯。
金目鯛の煮付けなど、伊豆の山海の幸を使った季節の創作料理に舌鼓を打ち、懇親会も含め、参加者同士の魂の交流会を、大いに楽しみました。

18_large

ホテルへの帰り道、「今日のようなエネルギーの高い日は何かが起こりますよ」
というドルフィン先生の言葉にあわせるように、大きな流れ星が出現。
その後も多くの流れ星やUFO?が出現したりと、神秘的な夜になりました。

翌朝も快晴で、朝から皆さんの解放と再生を起こすスペシャルワークを行い、
朝食後に皆さんで写真撮影など、ぷあぷあと魂の交流を行い、無事に一泊二日のツアーを終えました。
大宇宙の、磐長姫の、ドルフィン先生の、愛に包まれた旅となりました。

 

1_large

 

《参加された方々の声》

ドルフィン先生は、私が想い描いていたお医者さんで、先生の本を読みたくさんの気付きと希望を与えていただきました。
本の中にいた先生と、となりでうどんを食べている事が、感動をこえて(笑)何だか面白かったです。

ツアー中、先生のパワーに包まれて、みなさんとずーっと長く過ごしてきたような懐かしくて安心するような気持ちでいました。
伊豆高原、素敵な所でした。
大切な想い出です!
みなさんと一緒の時間がすごくすごく嬉しかったです!

魂が揺さぶられ、プルプルでピカピカに進化でき、お喜び様です。
ふわふわの宇宙船も手に入れたので好きなときに好きなところを飛び回ります♪

出会って下さり、ツアーに参加させていただきましてありがとうございました!
また、お会いしましょう!

私はこの旅で多くの気づきと学びを得ることができました。
まさに魂の「再生・誕生」を体験致しました。このツアーに参加してよかった!参加をきめた自分をおお褒めしています。

[桜の里]でのワークで初めて「太陽を眩しくなく、直視し続けていられること」が体験できました。これが松果体の活性化なのか、とびっくりです。

(略)

「ぷあぷあでいるということ」‥今回先生とご一緒して初めて「なるほど!」と、理解できた面が多くありました。

(略)

先生の包み込むような愛の波動に包まれ、奇跡の連続!非日常的な経験をさせていただき、自分の人生の中でも最高の感動した1日半でした。これからぷあぷあ度を上げ、残りに人生楽しくお喜び様で生きていく所存です。
ツアーの一週間前から腰痛があり、片道6時間以上の列車の旅は大丈夫か不安がありましたが、ツアーに参加して
自宅に戻り、家内から腰痛のことを聞かれるまで腰痛のことを忘れていて、痛みもなくなっていました。