Vol.112 人間の体も、実は空間だらけ

みんなの体って、細胞というピースで出来上がった塊(かたまり)という感覚だよね。

確かに、現代科学では、細胞や身体は物質である、という定義。

でも、最先端の量子科学で捉えると、細胞も身体も、空間である隙間だらけなんだ。
細胞を構成する分子も原子も、原子核と電子の間に存在する莫大な空間で成り立っているよ。

もっと、元を正せば、原子核も電子も、素粒子という最小の単位で構成されていて、さらには、それら素粒子も、螺旋振動するエネルギーでできているんだ。

宇宙は細胞だ
体を物質という塊であると捉えてしまうと、自分の体を簡単に変えることはできないって、思ってしまうわけだ。

しかし、螺旋振動するエネルギーからなる、空間だらけのエネルギー体だと受け入れれば、体には、どんなことも起こせる、どんなことも可能だって、わかるよね。

奇跡は、起きるんだ!

Vol.110 身体と心が喜ぶことと、魂が喜ぶこと

この地球社会では、ジョギングやヨガなどで身体と心を喜ばせ、趣味やレジャーなどで心を喜ばせているね。

それは、みんなのエネルギーの動力源を活性化し、生きる元気をもたらしてくれる、素晴らしいこと。

 

でも、もっと、大事なことがあるよ。

それは、魂を喜ばせること。

それは、この地球であなた以外に誰も存在せず、いまこの瞬間しか存在しないと仮定したときに、あなたが喜ぶこと。

loneliness-2308923_1920

他人の目も、社会の目もない、自由な自分が感じること。

それを楽しむことができるようになると、自然と、みんなの人間生命エネルギーの振動数が上がるんだ。

本当の意味で、幸せになるんだ。

Vol.109 地球生活における病気の役割

life-2730381_1280地球人のみんなは、

この病気さえなければ、幸せなのに、、、。

と、いつも、もがいているんだよね。

私ドクタードルフィンの鎌倉の診療所にも、全国また海外から、大変な病気の方々がたくさん来院する。

ほとんどの人は、この病気が治ってほしい、っていう痛切な願いを持っている。
それは、地球人の気持ちとしては、ごく自然なこと。
でも、みんなには、知ってほしい。

この病気だからこそ、自分が成長できることを。
この病気だからこそ、この地球に生きる意味があることを。

こうあってほしい。

この病気から、何を学べるのかな?
この病気から、何を気づけるのかな?

 

もちろん、それはとっても難しいことだよ。だけど、とっても大切なことなんだよ。

vol.86 魂が求めることと心が求めることは異なる

地球人のみんなは、心が求めることが自分に必要なものと、考えているね。

「お金持ちになりたい」「有名になりたい」「尊敬されたい」「・・・・になりたい」といった具合。

そうして、その想いがうまくいかないと

自分はダメだ。」

と思い込んでしまう。

でも、ほんとうは、

あなたの魂が、うまくいかないことを望んでいるんだ。

うまくいかないことで、魂の進化と成長に必要な気づきや学びが生まれることを、魂の意識が知っているから。

だから、うまくいっていても、いっていなくても、それでいいんだ。

それで、完璧なんだ。

86_blogpic

Vol.85 何を考えているかを隠す地球人

なぜ、地球人の多くは、何を考えているかを隠すのだろう?

85_blog pic

ぜーんぶ、オープンでいいのに。

 

隠し合う社会には、楽で愉しい「ぷあぷあ」の世界は訪れない。

人が何を考えているかに不安で、自分がどう見られているかが気になるから。

 

今の地球社会よりもエネルギーの高い次元の宇宙社会では、自分が何を考えているかが周囲の人や社会にオープン。

社会が何を考えているかも、オープン。

 

だから、とっても、安心。

楽で愉しい。

 

人間はカラダを持っているから、隠すんだ。

ココロだけの状態なら、何にも隠すものはないんだ。

 

地球というところは、カラダを持って、このことを学ぶところ。

vol.76 「男性・女性」について

colorful-1191019_1280

す大宇宙の成り立ちも、みんなの魂の生命エネルギーの始まりも、すべて、正反対のエネルギーで出来上がっているんだ。

 

みんなの魂の誕生シーンは、最初の頃のブログでお伝えしたと思うから遡って読んで欲しい。

グレートゼロから右巻き螺旋振動波エネルギーと左巻き螺旋振動波エネルギーが同時に発生している。

そして、今まさに自分自身として体験している意識は、右巻きエネルギーそのもの。

 

なぜ右巻きかって?

それは、あなたが一番最初に右巻きを選んだからだよ。

 

あなたが存在するこの大宇宙も、陰と陽、陰と光、悪と善、マイナスとプラス、ネガティブとポジティブ、といった具合に、すべてが正反対の集まりだ。

片方が存在するには、もう片方の存在が必要不可欠だってことなんだよ。

宇宙誕生のときの素粒子でさえ、正反対のエネルギーを両方もって生まれるんだ。

 

自分宇宙の大元に近い自己固有螺旋振動波エネルギーは、正反対のエネルギーを体験して学ぶ必要性は少ないけれど、地球レベルのみんなのエネルギーは、大元からかけ離れているため、正反対のどちらかを体験して学ぶことがとっても大切になってるんだ。

だから、みんなは、男か女のどちらかなんだよ。

 

brother-1252736_960_720

少しエネルギーの振動数が上がってくると、正反対の違い度が減ってくる。そのエネルギーは、性質的には、中立的になる。

 

だから、性機能障害で悩むみんな!

あなたは大丈夫。それは問題などではないんだよ。

 

Vol.72 病気をもつ人への進化した対処法

いままでの地球社会では病人に対して、

「お気の毒」「可哀想」

という固定観念をもつため、結果として

「よくなってね」「元気出して」「お大事に」

という言葉を投げかける。

そういう言葉を出す心の根底には

「自分は病気ではなくて恵まれている」

という具合に自分と病人とを比べ、病人を哀れんで、自分がより幸福ということを感じとっている

気の毒、可哀想、とみられる病人は、自分が健常人よりも劣っているという観念を植え付けられてしまう。魂が悲しむわけだ。

病気もその人が魂の進化と成長のために自らで選択したこと

だから、病気もお喜び様。

その病人は自己の魂エネルギーの乱れを修正するのに最も適した病気を選ぶんだったね。

より大変な病気を選択する魂は、より大きな進化と成長を目的とするとても勇敢な存在。

だから、病人には、

「あなたを誇りに思う」「あなたは素晴らしい」

そしてその病人は自己が学ぶだけでなく、あなたを含む周囲の人や社会にも学びを提供するのだから、

「有難う」「お喜び様」

これからの地球人は、病人に対して敬意と感謝を持ちましょう。

dolphin72

Vol.51 笑うことで生きるエネルギーいっぱい

笑いと健康の関係性が昨今注目されていて、いろいろと言われてきているね。

笑うと、自律神経のバランスが整ったり、幸せホルモンが出る、といった感じかな。

laughter

でも私ドクタードルフィンがお伝えすることは、もっと違うことだよ。

 

生命体としての人間は、宇宙の叡智である高次元ソウルウェイブが脳の松果体を通して変換された身体ソウルウェイブによって生かされている。つまり宇宙の叡智が人間の叡智に変換されたものだ。

この身体ソウルウェイブとは、情報エネルギーである神経の流れ。人間が楽で愉しく、ぷあぷあ生きるためは、この流れがよい状態であることが、必要なんだ。

 

身体ソウルウェイブの流れがよい状態であるためには、その流れの乱れを正すことが重要なわけだけれど、その情報が実際に働くためには、そのソウルウェイブの振動波エネルギーが十分に高くなければならない。つまり、その波が元気に振れていなければならないということ。

 

自己固有振動波の振動エネルギーを高くするのは、地球という最大集合エネルギーから発信される集合振動波反射エネルギー。これが生命の本質である各個の自己固有振動波エネルギーにおける自己超固有粒子の右螺旋運動の螺旋円直径すなわち振動振幅を増加させるんだ

 

ところで冒頭に触れた「笑い」は、人間のエネルギーの通り道である背骨の下位部分の滞りを開放し、地球の集合振動波反射エネルギーを下から上に取り入れやすくするわけ。笑うことで、宇宙の叡智がよりよく働くということなんだよ。

 

Vol.50 悲しくても嬉しくても、涙が出る体験は大事!

涙はどうして出るんだろうって考えたことがあるかい?

 

それは、みんなの自己固有螺旋振動波エネルギーの螺旋振動振幅が大きく振れるから。

そして涙が出るときは自己の固有振動波エネルギーの力が増大するときなんだ。

 

みんなの魂である自己固有螺旋振動波は、自己が設定した課題を通しての気づきや学びを経て、その螺旋振動波の螺旋振動数を増やすことは、いままでさんざん伝えたよね。
この際の気づきや学びは、その螺旋振動数を上げるキーであるわけだけれど、螺旋振動波が大きく振れるときこそが、その気づきや学びを引き出す働きかけになるんだ。

これが、涙の素晴らしさ。

 

嬉しくて感動したり、悲しくて失望したり、涙が出る体験は自己の進化と成長に必要な気づきや学びを生み出すんだ。

crying

地球というところは、感動や失望を学ぶところだよ。

感動や失望を通して、気づきや学びを得た時、魂の自己固有螺旋振動波の振動数が上昇するんだよ。

 

このとき、みんなの魂は嬉しくてしょうがないんだ。ものすごく、喜ぶんだ。

先の章で伝えた「お喜び様です」は、これが原点だね。

 

魂が嬉しくて喜ぶときは、魂が震えるんだ。
このとき、体から涙がでるんだよ。

 

だから、地球ではいっぱい感動しよう。いっぱい失望しよう。

person-1163062_1280

そして、魂の喜びそのもののエネルギーで作られる涙を、いっぱい、流そう。

 

それが、地球人だよ。

Vol.47 身体を持つがゆえに人は苦悩するけれど・・・

もしみんなが、カラダをもたない存在で、目に見えないレベルの振動波そのままであるなら、とっても楽で愉しいんだ。これは前回のブログで触れたように、ぷあぷあ生きるって感じ。

 

でも、いまの地球人は、細胞という物質の固まりであるカラダがあるから、なかなか、そうはいかないんだよね。だからこそ本来の魂の姿である、ぷあぷあを学んでいくには、とても好都合なんだ。

 

カラダがあるがゆえに、病気を体験する、自由自在に空間を移動できない、時間の制約を強く受ける、といった具合に苦痛や困難を持つんだ。

つまりカラダを持つ第一の目的は不自由さを体験することにあるんだ。

考えてもみてごらん。容姿や体型、若々しさなど、そのカラダを楽しむ要素もあるけれど、逆に、それが悩みの原因になることも多いよね。

身体を持つ意味

カラダがなければ、自由自在に好きな環境に自分をおくことができるし、身体の病気を体験することはない。でも、仮にカラダがない高いエネルギー体であっても、感情や意識の苦痛や困難は体験するものなんだよ。

だが、カラダを通しての苦痛や困難のほうが、カラダを持たない場合に比べて、格段に厳しいもので、それを体験することで得られる気づきや学びによる自己の進化と成長は大きいんだ。

 

カラダを持つことは、つまり、自己の魂の進化と成長にとって、必要不可欠な条件だってことなんだ。

 

これを知ると、いまより、カラダ、およびカラダ由来の課題とうまく付き合えるようになるよ。