vol.106 後悔を引きずらない大切さ

ああしなければよかった、ああしておけばよかった、なんでああしたんだろう、、、。

これは、典型的な地球人の生き方。

いつも、ひきずっている。
重い重い想いを。
みんな、イルカを見てごらん。
過去の後悔や思い出、未来の不安や想像、は、彼らの顕在意識にはないんだ。

dolphin-1974975_1920
いまこの瞬間の想いだけだよ。

いま、ここで、どう、感じるかだけ。
愉しい、悲しい、嬉しい、つまらない。

過去の想いは、本当は、今とは全く関係ないんだ。

後悔を引きずると、いまのこの瞬間は、輝くことができないんだ。

過去の後悔は、いまの想いを重くさせてしまう。
ハッピーから遠ざかるんだよ。

Vol.95 松果体が活性化(人間が進化)すると、複数の感情を同時にもつ

 

今の地球人は、ある状態、またはある瞬間には、その時にもつ感情は、たったの一つだね。

「怒り」「喜び」「嬉しさ」「悲しさ」などなど。

 

think

 

地球上での高次元の生き物である「イルカ」は、

「悲しさ」と「喜び」、「不安」と「安心」、「不満」と「感謝」と

「愛情」と「嫌悪」と、といった具合に、複数の感情を同時に持つんだ。

 

DRDblogpic_95

 

だから、彼らはどんな状況に対しても、いつもフレキシブルで穏やかなんだ。

 

イルカたちは、人間が宇宙と繋がるのをサポートするために、地球に存在しているんだ。

 

実は、イルカたちの脳は、人間の脳よりも進化しているんだ。

脳の大きさは人間より大きく、高度な発達を示すシワの数もより多い。

そして、原始脳部分もより大きく、松果体はずっと発達している。

 

地球人は一つの状況に、一つの感情しか持てないから、

いつも、もがくんだ、争うんだ。

 

これからの地球人は松果体を活性化させて、宇宙の叡智と繋がっていくよ。

そうすると複数の感情を同時に持つようになっていくよ。

 

そのように、地球は、愛と調和に向かうんだ。