ドクタードルフィン診療所

ドクタードルフィン診療所
TOP ドクタードルフィン
について
鎌倉ドクタードルフィン診療所について
ドルフィン
ワールド
イベント 動画案内
TOP > 鎌倉ドクタードルフィン診療所 > 代表的な病気・症状、困難・悩みと感情・身体、人生・環境の変化

代表的な病気・症状、困難・悩み そして感情・身体、人生・環境の変化

鎌倉ドクタードルフィン診療所では、人間であれば起こりうるあらゆる病気・症状、困難・悩みを対象としています。
以下は、診療対象となる代表的な疾患と困難です。



癌(がん)

太陽

細胞は、遺伝子の存在が原因ではありません。
遺伝子を目覚めさせる、または、正常遺伝子が乱れた時に修復することができないことが本当の原因です。神経の流れが乱れれば、遺伝子を目覚めさせる、または、正常遺伝子が異常な状態になり、細胞が発生します。
ですから、現代医学の常識となってしまっているように、細胞を抗癌剤や放射線で叩いたり、手術で取り去ることは、やるべき正しいことではありません。むやみに治癒力や適応力を下げ、細胞をより強力にするだけです。細胞も生き延びようとする感情を持っています。排除しようとすれば、人間社会の戦争と同様に、より凶暴になるのです。
重要なことは、細胞という結果をなくそうとするのではなく、原因である神経の乱れを正すことです。神経の流れを正すことにより、本人または周囲の人のしかるべき気づきや学びを経て感情や意識が改善されるとともに、細胞が穏やかになり、と共存する状態になったり、が縮小・消失したりするのです。

難病

現代医学では全く歯の立たない多くの病気が存在します。
筋萎縮性硬化症(ALS)、多発性硬化症(MS)、筋ジストロフィー、脳/小脳/神経変性症、繊維性筋痛症、パーキンソン病、アルツハイマー病、クローン病/潰瘍性大腸炎などです。
症状という結果だけに対処することしかできない現代医学は、これらの病気に対して、殆ど無力です。できたとしても、薬で「症状」という表面を、多少なりともごまかすのが精一杯です。
これらの病気を引き起こす原因である、神経の流れを正すことにより、しかるべき気づきや学びを経て感情や意識が改善されるとともに、奇跡を起こす可能性が生まれます。少なくとも、悪化の進行速度を下げ、回復力を上げることが可能になります。

先天性疾患

花

生まれながらにして持つ病気です。
代表的なのは、脳性小児麻痺です。他には、ダウン症候群などの染色体/遺伝子異常、心臓奇形・髄膜瘤や異栄養症などの形成/代謝異常、筋斜頸などがあります。
生命を維持するために、必要に応じて一時的に手術をすることがありますが、これも症状という結果を変えているにすぎません。
これらの病気は、母親の感情や身体、生活環境の問題により、母胎の中で身体を形成する指令である神経の流れに乱れが生じたか、子宮内環境または出産時の産道通過に伴う物理的ストレスにより、胎児の神経の流れが乱れることが原因です。
ここでも、神経の流れの乱れを正すことにより、母親または本人のしかるべき気づきや学びを経て感情や意識が改善されるとともに、患者の最大の回復力、健康力を引き出すことが可能になります。特に、脳性小児麻痺の回復は、無限の可能性を持ちます。

小児疾患

多動性注意欠陥障害(ADD/ADHD)、自閉症、運動/学習能力障害は、両親を悩ませる代表的なものです。これらには、現代医学は殆ど無力です。
また、アトピー、喘息、夜尿症、斜視、夜泣き、ミルク・食アレルギーなどは、頻繁にみられるものです。アトピーと喘息には、現代医学は、「症状」という結果を、薬でごまかすだけです。夜尿症と斜視などは、有効な治療手段を持っていません。
どんな疾患であれ、神経の流れの乱れを正すことにより、母親または本人のしかるべき気づきや学びを経て感情や意識が改善されるとともに、良好な結果が期待できます。
特にADD/ADHDや自閉症は、神経の流れの乱れを正すことにより、小児は驚くべき回復を見せます。

こころの病気

統合失調症、抑うつ、生きがい/やりがいの喪失、情緒不安定、自殺願望、社会不適合、摂食障害、認知症などがあります。
この分野での現代医学は、薬によって神経活動を無理に上げたり下げたりしているだけです。
幻聴や幻視などの幻覚をもつ統合失調症は、神経の流れが乱れ、異常な人間振動波エネルギーを有することにより、通常の人間が察知しない音や映像を感じています。テレビやラジオと同様です。神経の流れの乱れを正すことにより、本人また周囲のひとのしかるべき気づきや学びを経て感情や意識が改善されるとともに、正常な振動数を取り戻し、無駄な音や映像をもつことがなくなります。
こころや感情は、神経の流れの乱れを正すことが作り出す現象です。ですから、神経の流れを正すことにより、こころや感情は元気を取り戻します。

治りにくい疾患

ハート

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、脊椎靭帯骨化症、脊椎すべり症、変形性関節症、圧迫骨折後遺症、偏頭痛、めまい、耳鳴り/難聴、関節リウマチ/膠原病、不整脈、消化器潰瘍、高血圧、糖尿病、高脂血症、肝機能/腎機能障害などです。
難治性の肩こりや腰痛もこれに該当します。
現代医学では、いずれも、薬や手術で、表面をごまかすだけです。
神経の流れの乱れを正すと、本人また周囲のひとのしかるべき気づきや学びを経て感情や意識が改善されるとともに、現代医学関係者も驚く、良好な回復や結果が期待されます。

原因不明の疾患

人間に起こりうる全ての身体・感情の疾患/病気は、身体・感情を作る発信源である神経の流れの乱れです。ですから、神経の流れの乱れを正すことこそが、解決への道となります。
本人また周囲のひとのしかるべき気づきや学びを経て感情や意識が改善されるとともに、それらとの共存やそれらの消失に向います。

人間関係の問題

神経の流れが乱れると、自分の魂の進化と成長に必要としない人間や集団を引き寄せます。
しかし、神経の流れの乱れを正すことにより、それに必要な人間を引き寄せるようになります。良い神経の流れが引き寄せる人間は、一見、良い人間も悪い人間も、自分にとって必要な要素をもっています。

家庭・社会環境の問題

家族の関係、社会における地位や立場、経済状況などは、神経の流れを正すことにより、自分の魂の進化と成長に必要な現象を引き寄せるようになります。
それらから、気づいたり学ぶことにより、最終的に、それらの状況は改善します。



地球人進化クリエイター ドクタードルフィン

地球人進化クリエイター
ドクタードルフィン 松久 正

慶応義塾大学医学部を卒業後、地元の三重大学整形外科へ入局。整形外科専門医として10年、投薬や手術に従事する。その後、現代医学の限界を感じ、米国で10年間、カイロプラクティックの修得、臨床にあたる。帰国後、量子科学、エネルギー医学、精神世界と融合した新次元医療を開拓、鎌倉で診療所を開院。執筆活動やセミナー活動も積極的に行っている。
>> プロフィール詳細へ

ドクター
ドルフィン
セミナー

お申込み
地球人進化クリエイター ドクタードルフィン