Vol.108 可能と不可能をつくるもの

たとえば、
自分の気持ちは「絶対できる」っていう状態なのに、この地球社会では、いつも、うまくいかない。

あるいは、
少し自信がないのに、この地球社会で、なぜかうまくいってしまう。

この両者で、鍵になるのは、何だろう?

ひとつは、もともと「魂のシナリオ」に、自らの魂進化と成長のために書き込まれている事実。

ふたつ目は、いまここにのみ働く「引き寄せの法則」として、そうであるとなりきる意識。

そして、三つ目は、周囲の集合意識が、どうとらえているかという方向性。

中でも、この三つ目の集合意識は、とっても強力なんだ。

glasses-1872805_1920

つまり、

周りが、それを可能と捉えるか、不可能と捉えるか?

周囲に、自分をどう感じさせるかっていうこと、すっごく大切なんだよ。

vol.103 いい人 より 変な人

地球人の多くは、いい人 でいるために、いつも、とっても大変。

いつも、こうあるべき、こう見られるべき、ってね。

だから、いつも、疲れている。
本当の意味で、楽しめていない。

internet-1895376_1920

みんなの生きる宇宙は、自分ひとりだけのものだよ。
自分以外の人の宇宙とは別物。

みんなの本当の姿になればいい。
それが、みんなの周りの人に貢献するから。

みんなは、いつも、楽で愉しく、生きよう。
そう、楽愉人生!!!

vol.99 政治家の役割

trump-2023751_1920

選挙で政治家が誕生し、世論で政治家が辞任する。
まあ、これは、地球社会の仕組みだね。

でも、みんなには気づいてほしい。

地球社会の時間軸のある時点で、もっとも自分たちに良いと感じる人を、社会の集合意識が選んだっていうこと。

trump-2023751_1920

なぜ選んだかって?

それは、地球人の一人一人が、楽で愉しく生きるための、進化と成長を望むから。

選んだ政治家が、いつ、どんな失敗をするとか、暴言を吐くとか、失言をするとか、失態を吐くとか、みんなの魂は、事前に知っているから。

それらを通して、集合意識が、必要な気づきや学びを得られることを、知っているから。

政治家自身も、そういう自分を体験することで、自分が進化、成長することを知っているんだ。

だから、すべて、お喜び様。

Vol.82 人に理解されにくい人へ

あなたは、素晴らしい。

平凡な地球人たちに理解できないものを、あなたは持っている。

みんなはあなたをバカにするけど、本当は自慢できるものなんだよ。

人には理解できない才能を持っているだけ。

 

 

「いいね」とか、「すごいね」って言われることは、たいしたことではない。

周りが理解できないことが、素晴らしい。

82_blogpic

 

そこに、みんなを、あなたを、進化させるものがある。

成長させるものがある。

 

ぜひ「変だね」とか「おかしいね」って、言われてほしい。

そして言われる人は“自分が本当は素晴らしい”って知っててほしい。

 

大事なお役目だからね。

vol.79 誰のせいか、誰の責任か、は、やめよう

いまの地球社会における地球人の癖は、何か不都合なことが起こると、誰かのせいにしようとする。

テレビやインターネットで出る報道で、行政のプロセスやお金のやりとりなど、何かのマイナス要因が起こると、必ず、その責任のあり場とあり方が追求されるよね。

いままでのブログで伝えてきたけれど、地球を含む大宇宙の法則として、誰かが悪いことをするのも、悪いことをされる側との魂意識の合意があって実現すること。
騙す人と騙される人、も同様。

何か不都合なことも、この地球社会において、すべて、同意されたこと。

その同意は、地球社会と地球人の進化と成長のためだよ。

だから、人を責めるのではなく、すべての人に感謝しよう。

gratitude-1251137_960_720

vol.76 「男性・女性」について

colorful-1191019_1280

す大宇宙の成り立ちも、みんなの魂の生命エネルギーの始まりも、すべて、正反対のエネルギーで出来上がっているんだ。

 

みんなの魂の誕生シーンは、最初の頃のブログでお伝えしたと思うから遡って読んで欲しい。

グレートゼロから右巻き螺旋振動波エネルギーと左巻き螺旋振動波エネルギーが同時に発生している。

そして、今まさに自分自身として体験している意識は、右巻きエネルギーそのもの。

 

なぜ右巻きかって?

それは、あなたが一番最初に右巻きを選んだからだよ。

 

あなたが存在するこの大宇宙も、陰と陽、陰と光、悪と善、マイナスとプラス、ネガティブとポジティブ、といった具合に、すべてが正反対の集まりだ。

片方が存在するには、もう片方の存在が必要不可欠だってことなんだよ。

宇宙誕生のときの素粒子でさえ、正反対のエネルギーを両方もって生まれるんだ。

 

自分宇宙の大元に近い自己固有螺旋振動波エネルギーは、正反対のエネルギーを体験して学ぶ必要性は少ないけれど、地球レベルのみんなのエネルギーは、大元からかけ離れているため、正反対のどちらかを体験して学ぶことがとっても大切になってるんだ。

だから、みんなは、男か女のどちらかなんだよ。

 

brother-1252736_960_720

少しエネルギーの振動数が上がってくると、正反対の違い度が減ってくる。そのエネルギーは、性質的には、中立的になる。

 

だから、性機能障害で悩むみんな!

あなたは大丈夫。それは問題などではないんだよ。

 

Vol.70 落ちこぼれのあなたに

この地球社会では、その常識と固定観念で当たり前とされることができないと「落ちこぼれ」となってしまうね。

これって、まさにこの地球の遅れているところ。

 

大宇宙の生命エネルギーのほんとうの姿は、できることとできないことの両方が内蔵されているんだ。

どんな生命エネルギーも、もともとはゼロエネルギー。つまり、ポジティブとネガティブが、同じだけ、内在されているということ。

 

大宇宙の魂の絡み合いは、ある能力に優れた存在、この能力に優れた存在、その能力に優れた存在、といった具合に、それぞれできる特徴をもった多くの存在が、ジグソーパズルのようにお互いを補い合っているわけだ。 

ここでは、できない という観点はないんだ。

fails-1060967_1280

地球社会では、常識と固定観念からはみ出す能力を、見いだすことも認めることもできていない。

ほんとうは、できないことが目立っている人間は、皆が知らない、あることをできるすごい超能力を持っているんだよ。

 

だから、落ちこぼれは、素晴らしい能力の裏返し。

落ちこぼれても、いいんだよ。

 

 

 

Vol.67 夢物語を生きること

いままでの地球社会では、身分不相応なことや能力不相応なこと、非常識なことを、願い事や目標として述べると、「夢物語」として、切り捨てられてきたはずだ。

その根底には、江戸時代から培われてきた、質素倹約、謙虚、身分をわきまえる、という社会の集合意識があった。

無限の能力をもつみんなの魂エネルギーは、ほんとうはなんでも可能な、スーパーソウル。

すべての情報と知識が内蔵されているんだ。

 

ところが、いまの地球社会では、親、兄弟、家族、友人、先輩、学校、会社、メディアなどの集合意識が、これは可能、これは不可能というレッテルをはってしまっている。

 

だから、みんながほんとうにやりたいことは、濁ってしまって見えなくなっているんだ。見えていても、ぼんやりしていて自信を持てないんだ。

自分の魂が望むことは、ほんとうは大宇宙のすべての支援が得られること。

 

だから、周囲の考え方や意見に惑わされずに自分の想いを生きること。

font-954949_1280

たとえうまくいかなくても、それも魂の設定課題として受け入れ、こなしていくこと。

そう、ほんとうのところは、君の想いは、夢物語ではないんだ。

もう、わかったかな?

それは、リアルな物語なんだ。

 

Vol.66 君の欠点は本当は美点なんだ

この地球社会で、みんなが欠点だと感じているものは、冷静に見てみると、

世間の常識や固定観念で良いとされているものに当てはまらないもの

と言える。

集中力がない、根気がない、諦めやすい、腹を立てやすい、落ち込みやすい、
ネガティブ思考

などなど。

つまり今の地球人にとっての地球社会に役立つかどうかという判断の中で、役立つものは良いとされている、とも言える。 

victims-1621406_1280

しかし、大宇宙のほんとうのところでは、欠点なんていうものは存在しない。

 

なぜなら、その欠点ある自分を自己の魂が選んだわけだから。

魂が地球の人間個体を選ぶとき、人間の目では見えない高次元多重螺旋DNA遺伝子を観て、その個体がどういう意識や感情を持ち、どんな性格や気性であるかを見極め、その欠点ある自分を選ぶ話をしたよね。

 

その欠点こそが、自己の魂エネルギーの乱れを修正するのになくてはならない、最適な材料なんだ。

その欠点があると、地球社会の常識と固定観念に合わないため、つらい、嫌な、苦しい思いをするだろう。
人にも社会にも認めてもらえず、もがくんだ。

 

でも、考えてみて。

そういう、自分や誰かの欠点を見て、人間はいろいろ学ぶんだ。

欠点は自分にとっても周囲の人間にとっても、気づきと学びの最高材料。

 

誰かの欠点と誰かの長所が組み合わさって、完全な地球社会のジグソーパズルが完成する。

 

だから、欠点は本当は美点だよ。

自分を、受け入れて、可愛がるんだ。

 

 

 

Vol.65 うまくいかない遺伝子

前章では、うまくいく遺伝子 について、お話ししたね。

 

今回はその逆で、うまくいかない遺伝子 のお話をしよう。

 

みんなの魂の意識エネルギーは、自己螺旋振動波エネルギーの乱れを修正するのに最も適した気づきや学びを得られる人間個体を、自ら選択していることは、再三、伝えてきたね。

 

うまくいかないことから、気づいたり学んだりする要素は、とても大きいんだ。

car-701770_1280

高次元の多重螺旋DNA遺伝子情報に書き込まれている、失敗、敗北、離婚、破産、病気などの、いわゆる地球でいうところのマイナス情報は、それぞれの魂にとって、それぞれが必要とする気づきや学びを得るための最適課題材料。

多くの地球人は、これらのうまくいかないことがあると、ついていない、不運、ダメだ、無理だ、という具合で、そこから何も気づくことなく、何も学ぶこともない。

このように、気づいたり学んだりできないのは、自らのソウル・ウェイブが乱れたままだから。

それを正していくことにより、自然に気づきや学びがなされていくよ。

 

身体や人生でうまくいかないことも、自らの魂の意識が好んで選択したこと。

このことを「そうなんだ、、、」と感じていくことが、とても大切。

 

うまくいかない遺伝子は、みんなにとって、なくてはならないものなんだ。