vol.12 人生の課題解決と松果体の役割

魂が選択した人生の課題についての話だ。

 

さて、どうすれば、身体と人生の問題をもがくだけでなく、それらを通して成長、進化できるんだろう。

 

その答えは、私が提供するほんとうのことを知って、自分の設定した課題をこなすこと。
みんなが知るべきほんとうのことは、このブログでいままで伝えているし、これからも発信していくよ!

 

自分が設定した課題に気づいたり、学ぶためにまず最も大事なことは、自分の魂の自己振動波エネルギーが求めている課題に触れること。

そして、身体の病気や人生の困難によって発生する問題の中から感じてくる、または見えてくる新しい気づきや感性を誕生させること。

 

vol.9 とvol.10で述べたように、身体の病気や人生の困難を通して、

不安や恐怖の克服、生きる喜びや自信、生きる安定性の獲得、怒りの克服、不満の解消、感謝の創造、自分の存在意義の認識、自分に対する嫌悪感の解消、他人に対する許し、自分への愛情の獲得、他人や環境への愛とやさしさの感受、自分への正しい理解、自分の正しい表現、エゴの弱体化、調和感覚の創造、生きがいと使命の認識、

などを、学んでいくんだ。

blog12_1 これを実現していくには、まず、みんなの脳の中心にある松果体で、元気よく情報の変換が行われなければならない。

身体の外側から脳の松果体に向かってくる宇宙固有振動波は、身体にとってはエネルギーつまり振動数が高すぎて、そのまま受け入れてしまうと、身体という低い振動数を創造することができない。だから、身体の細胞が受け入れることができるレベルの振動数に落とさなければならない。この役割が松果体なんだ。松果体において、宇宙レベルの固有振動波が振動数を落とされ、人間の身体レベルの身体固有振動波として、人間レベルの物質振動波エネルギーに変換されるんだ。

 

この変換が効率よく元気に行われると、何のためにこの病気を持ったのか、何のためにこの悩みを持ったのかを、直感的に感じられるようになるんだ。

つまり、自分の課題に気づけるようになる。それに気づいてしまえば、その学びは終わったも同然。学ぶ過程が自然に自分の中で実行されるよ。

blog12_4

vol.11 問題をお金で解決したところで、何も変わらないさ

 

いまの地球人は、身体の病気や症状、人生の悩みや困難を、自分の成長と進化に必要な課題という事を知らずに、ただもがいているだけだね。

 

いままでの地球社会では、それら身体と人生の問題を起こしているもともとの発信源を放置したまま、その発信によって現実化した結果だけをいじっている。この発信源は、いままで述べてきた「魂の固有振動波エネルギー」だ。

みんなは、この発信源のことを忘れて、医療における薬や手術、社会におけるお金や常識に頼ってしまっているんだ。これでは、永久に、絶対に、根本的に解決することはないんだよ。

 

blog11_3

 

身体の病気や症状を薬で抑え込んだり、補充したりすることは、自らの魂が設定した学びの課題を放棄している状態

だから自分の魂は、その課題に気づいて欲しくて、学んで欲しくて、さらにその症状を強くしようとする。

 

でも、みんなはもっと薬を強くしたり増やしたりして、学びの課題である症状をさらに消そうとするんだ。そのうちに、みんなの体は症状を生み出す生命力をなくしていくさ。

そうなっていくと、痛みや苦痛は感じなくなるかもしれないけれど、みんなの細胞や遺伝子を含むDNAに乱れが生じるようになって、難解な病気や症状になっていくんだ。

 

手術で、その課題である身体の場所を、取ってしまったり、交換してしまうことも、同じことだよ。

 

 

人生の悩みや困難をお金で解決することは、大きな落とし穴だね。

blog11_4

お金というものは、いままでの地球社会における多くの地球人の集合意識がつくりだしたもの。

本来の生命体同士の交流のありかたは、エネルギーとエネルギーの交換によってなされるべきなんだ。

つまり、お互いの存在同士が、意識そのものである固有振動波エネルギーの交流において、お互いのエネルギー交換として同意のもとに行われるべきもの。

現在のお金とは、いままでの地球人たちが、意識同士の交流を無視して自分たちの都合で作り出した、「意識を持たない紙切れ」なんだ。

本来は、固有振動波エネルギー同士の交流で、お互いのエネルギーが成長、進化するようにできている。しかし、意識のない紙切れを介入させたために、意識の成長のない、ただエゴを作り上げる社会になってしまったわけだよ。

blog10_5

また、今は常識の枠の中で自分以外の人間や情報に頼るのが、社会の仕組みになっているけれど、これでは、自分の課題は永久にこなせないね。

友人や先輩、本やネット情報に頼るのも、最初のきっかけとしては悪くないけれど、それで解決させようとするところに問題がある。その課題から気づいて、自分自身が学ぶ以外に、解決方法はないんだけどね。

 

vol.10 自分が人生で体験することはすべて「プラス」だ

前回からの続きだよ。

 

人生の問題も同じなんだ。

どんな内容の悩みや困難であっても、それは、あなたの魂つまり固有振動波が選んだことなんだ。

blog10_1

 

あなたの魂がいまのあなたの身体に宿る際に、あなたが宿る人間の家庭環境や地域環境、そして父親と母親からの遺伝子的かつ感情的影響を考慮した上で、あなたの身体と環境を選んだわけだ。

魂はね、あなたが体験しうる全ての人生の状況を予測しているんだよ。その予測した人生の問題こそが、あなたの魂の成長と進化に最も有効であるとわかっているんだ。

 

blog10_3たとえば、親であれば、子供の流産や死産、生まれつきの重症疾患、親子の不和など。
夫婦であれば、離婚や浮気、経済問題など。
子供であれば、いじめや不登校、受験の失敗など。
大人であれば、友人とのけんかや裏切り、会社の失職、倒産、金銭上でのトラブル、貧困、介護問題、老後問題など。
全般的に、事故や怪我、そして自殺や殺人も含めて、ありとあらゆる体験は、自分の魂が最も良い課題、題材として選んだもの

 

ふつう、地球人のみんなは、それら人生の問題が起きると、
「自分だけがどうして」「なんてついてないんだ」「人生をやりなおしたい」
な〜んて思ってしまうんだよね。でもね、そんな風に考えること自体が、とんでもない間違いなんだ。

 

自分で選んだその課題をこなす、つまり、それから気づきや学びを得ることで、自分の固有振動波エネルギーの振動数を上げるんだよ。

どの魂もつねに、出来るだけ大きく振動数を上げたいと思っているんだ。

宇宙場の原理として、体験する悩みや困難が大きければ大きいほど、それをこなしたときの振動数の上昇は大きいんだ。

だから、その魂もできるだけ大きな問題を体験しようとする傾向があるんだよ。

 

ただ、前述した人生の問題のなかで、自殺の当事者と殺人の加害者だけは、自分や他人の生命を奪うわけだから、事象としては大きいけれど、学びの観点からは最も低いものになるんだ。
本人または周囲の人間が、それから得る気づきや学びはあるものの、魂の進化と成長、つまり振動数の上昇は、ごくごく低いものもしくはほとんど変わらないものになるんだ。

だが、ここで知っておいてもらいたいのは、どんな人生の体験であっても、マイナスつまり振動数の低下につながるものは存在しないということ。

すべてはプラス。

すべての体験は、自分の進化と成長のために、自分の魂が選択したもので、マイナスになるとわかっていることは、魂の本質として、決して選択しないんだよ。

だから、世の中の地獄やカルマという考えは、本当は正しくないんだ。

 

vol.9 なぜ、悩みや苦痛が繰り返されるのか

さて、あなたは自分の人生に満足しているかい?

していないとすればそれはどうしてだろう?

blog09_4

 

 

人間は常にもがいている。何かに不満を見つけては、文句を言い、あるいは自分に足りていないなどと考え、満足しない。

それは身体の病気や人生の障害は自分自身が設定したものだとわかっていないから、もがくんだ。

その上、薬や手術で身体をごまかしたり、お金や常識で人生をごまかしているんだよ。

 

これまでお伝えしてきたように、それらの問題は、いずれも自分の固有振動波が自ら選択したものなんだ。

それに気づいたり、学んだりできれば、自ずと正しい解決法が見えてくるんだよ。

 

身体の病気や人生の障害は、自分の魂の成長のため、つまり自分の固有振動波を整えて、その振動数を上げるために持つんだ。

自分の身体や環境の外側から不意に襲いかかってくるものじゃないんだよ!

blog09_6

全宇宙において、自分が体験するものは自己の固有振動波が自己の進化と成長に必要と認識し、それを持ち得る状況すなわち環境と個体を選択しているだけ。だからいいも悪いもないんだよ。

ただし、選択した理由に自力で気づかない限り、その問題は課題として何度もくり返すんだ。

 

そうそう、みんなは、環境として地球を、個体としていまの身体を選択したんだ。その状況で、いろいろな課題をこなすんだ。

blog09_2

例えば、みんなが疑いもせずに使用する薬。薬の摂取によって一時的な「改善」が計れるかもしれない。
だがこれはみんなが課題をこなす事から遠ざけてしまうんだ。
同時に、身体の修復能力をないがしろにし、それを働かなくさせてしまう。

 

このことを知る事は、地球人にとって大きな進化の鍵だよ。この鍵を理解するために、簡単な身体の例をあげよう。

最も身近な「痛み」。何度もいうように、全ての体験は自分の固有振動波エネルギーが選択したもの。痛みだって例外無しなんだ。
日常生活やスポーツで怪我をしたり、交通事故で受傷したり、痛みの原因となる体の変性や化学変化が起こったり、いろいろな理由があるけれど、いずれの場合も例外なく、あなたの魂つまり固有振動波の選択だよ

あなたの魂は、自身の固有エネルギーにより選択された身体が、いまの地球において、いつのどこでどのような体験をするかを、すべて「知っている」んだ。 

それは、人間になる前のあなたの魂エネルギーが、自分が選択しようとする身体のエネルギー状態と遺伝子をなすDNAの状態を察知しているんだ。

先に述べたように、大宇宙の本当の姿は、時間の概念はなく、過去も未来もなく、みんなが過去やいまや未来と感じるものは全ていまの瞬間に生じている。

だから、みんなの魂の大元のグレートゼロエネルギーは、地球においてあなたに起こる事は全て把握しているんだ。

つまり、痛みも苦悩も全て了承済みっていうことだね。

 

実は、痛みというのは、身体における細胞の異常状態を修正するために、みんなの生まれ持った叡智である固有振動波がそれを修正しようとする反応なんだ。だから、痛みという課題からみんなが気づいたり学ぶことは、大きく二つある。

 

一つ目は、述べたように、痛みというのは身体の有り難い修復反応であることを理解し、その反応に感謝すること。

二つ目は、痛みは自分の意志とは関係無しにふりかかってくるものではないことを理解し、不安や恐怖を取り除くこと。

この課題をこなすために重要な事は、痛み止めの薬で身体の表面をごまかさないこと。

日常生活に大きな支障をきたす場合のみ、一時的に薬を用いてもよいけれど、基本的には薬でごまかしてはいけない。

薬は、例えるなら、家が火事で燃えているときに、その原因である火の元を消さずに放置したまま、火災報知器の音を切っているだけ。

これでは、原因は悪化したまま、人間はだめになってしまう。そして、身体においては、薬の使用によって、修復能力の働く必要がない状況を無理やりつくってしまうことにより、その修復能力をナマケモノにしてしまう。

それら以上に、自分が設定した課題の学びをこなせない、というわけなんだ。

ちなみに、事故や怪我による大きな身体障害なども、すべて、自分自身の成長と進化のために、自分で選んだものなんだよ。

 

 

 

vol.7 人の意識はどこから来ているのか、個性とは何か

人間のエネルギーの根源はグレートゼロ(ワンネス、創造主)だよ、という話の続きだ。

 

グレートゼロは右螺旋のエネルギーと左螺旋のエネルギーが融合した状態なんだ。グレートゼロ自身に感情などはない。

「ただ、ある」「存在する」という意識があるだけなんだ。

だからグレートゼロ自身は、自分が何であるかや、名前などといったことからは遠い。

blog07_1

ところで、ただ存在しているという状態は、何も起きないわけだから、退屈だ。楽しくない。ワクワクもしない。

そこで、ある瞬間、右螺旋と左螺旋に分離する状態を作ったら、なんだか楽しかった。これが、あなたの大宇宙、そしてあなた自身の始まりなんだ。

私たちが存在しているのは右螺旋の宇宙だ。その右螺旋エネルギーから生じる固有振動波は、拡散するにしたがって全体の振動数を下げながら、あなた以外の存在の、別の固有振動波と干渉し合う。
干渉し合うごとに、あなたの固有振動波は振動数の細かな上下を痕跡として残していくことになる。

そして固有振動波は徐々に意識を持つようになり、自分という個性を自覚するようになっていくんだ。

 

感情を持つようになった固有振動波が感じること、学ぶこと、気付くことが振動波の中に、振動リズムの微妙な変化としてインプットされていくんだ。

意識がいろいろな体験をする、そして他者と干渉し合いながら作られていく固有振動波の繊細な違いが個別エネルギーの意識や感情を生み出す発信源であり、物質レベルにおける身体の特徴をも決定するというわけなんだ。

だから、この個別エネルギーは、宇宙場において既に意識や感情を持っているんだよ。

blog07_2

そして、このように形成された意識や感情においては、もともとあるポジティブな要素と新しく作られたネガティブな要素が混在しているんだ。

だけどみんなの個別エネルギーは、常にそのポジティブな要素を維持し、ネガティブな要素をなくそうとするようにできている。

だからこの目的を果たすのに最も適した環境と個体を選んで、生命体として宇宙場に存在するんだ

この過程を経て、みんなの一人一人は、いま、地球という環境で、あなたという個体で存在しているんだよ。