vol.11 問題をお金で解決したところで、何も変わらないさ

 

いまの地球人は、身体の病気や症状、人生の悩みや困難を、自分の成長と進化に必要な課題という事を知らずに、ただもがいているだけだね。

 

いままでの地球社会では、それら身体と人生の問題を起こしているもともとの発信源を放置したまま、その発信によって現実化した結果だけをいじっている。この発信源は、いままで述べてきた「魂の固有振動波エネルギー」だ。

みんなは、この発信源のことを忘れて、医療における薬や手術、社会におけるお金や常識に頼ってしまっているんだ。これでは、永久に、絶対に、根本的に解決することはないんだよ。

 

blog11_3

 

身体の病気や症状を薬で抑え込んだり、補充したりすることは、自らの魂が設定した学びの課題を放棄している状態

だから自分の魂は、その課題に気づいて欲しくて、学んで欲しくて、さらにその症状を強くしようとする。

 

でも、みんなはもっと薬を強くしたり増やしたりして、学びの課題である症状をさらに消そうとするんだ。そのうちに、みんなの体は症状を生み出す生命力をなくしていくさ。

そうなっていくと、痛みや苦痛は感じなくなるかもしれないけれど、みんなの細胞や遺伝子を含むDNAに乱れが生じるようになって、難解な病気や症状になっていくんだ。

 

手術で、その課題である身体の場所を、取ってしまったり、交換してしまうことも、同じことだよ。

 

 

人生の悩みや困難をお金で解決することは、大きな落とし穴だね。

blog11_4

お金というものは、いままでの地球社会における多くの地球人の集合意識がつくりだしたもの。

本来の生命体同士の交流のありかたは、エネルギーとエネルギーの交換によってなされるべきなんだ。

つまり、お互いの存在同士が、意識そのものである固有振動波エネルギーの交流において、お互いのエネルギー交換として同意のもとに行われるべきもの。

現在のお金とは、いままでの地球人たちが、意識同士の交流を無視して自分たちの都合で作り出した、「意識を持たない紙切れ」なんだ。

本来は、固有振動波エネルギー同士の交流で、お互いのエネルギーが成長、進化するようにできている。しかし、意識のない紙切れを介入させたために、意識の成長のない、ただエゴを作り上げる社会になってしまったわけだよ。

blog10_5

また、今は常識の枠の中で自分以外の人間や情報に頼るのが、社会の仕組みになっているけれど、これでは、自分の課題は永久にこなせないね。

友人や先輩、本やネット情報に頼るのも、最初のきっかけとしては悪くないけれど、それで解決させようとするところに問題がある。その課題から気づいて、自分自身が学ぶ以外に、解決方法はないんだけどね。

 

vol.9 なぜ、悩みや苦痛が繰り返されるのか

さて、あなたは自分の人生に満足しているかい?

していないとすればそれはどうしてだろう?

blog09_4

 

 

人間は常にもがいている。何かに不満を見つけては、文句を言い、あるいは自分に足りていないなどと考え、満足しない。

それは身体の病気や人生の障害は自分自身が設定したものだとわかっていないから、もがくんだ。

その上、薬や手術で身体をごまかしたり、お金や常識で人生をごまかしているんだよ。

 

これまでお伝えしてきたように、それらの問題は、いずれも自分の固有振動波が自ら選択したものなんだ。

それに気づいたり、学んだりできれば、自ずと正しい解決法が見えてくるんだよ。

 

身体の病気や人生の障害は、自分の魂の成長のため、つまり自分の固有振動波を整えて、その振動数を上げるために持つんだ。

自分の身体や環境の外側から不意に襲いかかってくるものじゃないんだよ!

blog09_6

全宇宙において、自分が体験するものは自己の固有振動波が自己の進化と成長に必要と認識し、それを持ち得る状況すなわち環境と個体を選択しているだけ。だからいいも悪いもないんだよ。

ただし、選択した理由に自力で気づかない限り、その問題は課題として何度もくり返すんだ。

 

そうそう、みんなは、環境として地球を、個体としていまの身体を選択したんだ。その状況で、いろいろな課題をこなすんだ。

blog09_2

例えば、みんなが疑いもせずに使用する薬。薬の摂取によって一時的な「改善」が計れるかもしれない。
だがこれはみんなが課題をこなす事から遠ざけてしまうんだ。
同時に、身体の修復能力をないがしろにし、それを働かなくさせてしまう。

 

このことを知る事は、地球人にとって大きな進化の鍵だよ。この鍵を理解するために、簡単な身体の例をあげよう。

最も身近な「痛み」。何度もいうように、全ての体験は自分の固有振動波エネルギーが選択したもの。痛みだって例外無しなんだ。
日常生活やスポーツで怪我をしたり、交通事故で受傷したり、痛みの原因となる体の変性や化学変化が起こったり、いろいろな理由があるけれど、いずれの場合も例外なく、あなたの魂つまり固有振動波の選択だよ

あなたの魂は、自身の固有エネルギーにより選択された身体が、いまの地球において、いつのどこでどのような体験をするかを、すべて「知っている」んだ。 

それは、人間になる前のあなたの魂エネルギーが、自分が選択しようとする身体のエネルギー状態と遺伝子をなすDNAの状態を察知しているんだ。

先に述べたように、大宇宙の本当の姿は、時間の概念はなく、過去も未来もなく、みんなが過去やいまや未来と感じるものは全ていまの瞬間に生じている。

だから、みんなの魂の大元のグレートゼロエネルギーは、地球においてあなたに起こる事は全て把握しているんだ。

つまり、痛みも苦悩も全て了承済みっていうことだね。

 

実は、痛みというのは、身体における細胞の異常状態を修正するために、みんなの生まれ持った叡智である固有振動波がそれを修正しようとする反応なんだ。だから、痛みという課題からみんなが気づいたり学ぶことは、大きく二つある。

 

一つ目は、述べたように、痛みというのは身体の有り難い修復反応であることを理解し、その反応に感謝すること。

二つ目は、痛みは自分の意志とは関係無しにふりかかってくるものではないことを理解し、不安や恐怖を取り除くこと。

この課題をこなすために重要な事は、痛み止めの薬で身体の表面をごまかさないこと。

日常生活に大きな支障をきたす場合のみ、一時的に薬を用いてもよいけれど、基本的には薬でごまかしてはいけない。

薬は、例えるなら、家が火事で燃えているときに、その原因である火の元を消さずに放置したまま、火災報知器の音を切っているだけ。

これでは、原因は悪化したまま、人間はだめになってしまう。そして、身体においては、薬の使用によって、修復能力の働く必要がない状況を無理やりつくってしまうことにより、その修復能力をナマケモノにしてしまう。

それら以上に、自分が設定した課題の学びをこなせない、というわけなんだ。

ちなみに、事故や怪我による大きな身体障害なども、すべて、自分自身の成長と進化のために、自分で選んだものなんだよ。

 

 

 

vol.8 なんで病気になるの?どうして人生には困難があるの?

宇宙場に存在していた目にみえないそれぞれの固有振動波は、そのエネルギーの進化と修正をするために、最も効率の良い環境と個体(肉体)を選んでいるんだ。

固有振動波は意識をもっていて、地球でその人間として体験する身体の病気や人生の問題こそが、自分にとって最適な材料とわかっているんだ。

blog08_1

もうわかったかな?

そう、みんながこの地球や宇宙において体験することは、すべて自分自身の固有振動波が必要とする最適な現象なんだ

自分に起きるすべての事象は、自分自身の固有振動波を進化させるため、そして修正するための必要材料ということだね。

 

病気も悩みもすべて自分自身が選択したものだ、というのはこのことなんだよ。

 

これに気づくことが、いまのレベルの地球で生きていくのに最も必要なことといえる。

今の地球人は、身体の病気も人生の問題も、まるで自分の意志とは関係なしに自分にふりかかってくると考えているようだ。だから、生きているのが不安でしょうがない、怖くてしょうがないんだ。

いろんな不満があって自分は不十分だと思っている。
自分のことが大好きになれない。
自分を上手く表現できないから気分が晴れない。
自分は他人や他の生命とは別であるというエゴを抱えている。

 

でも、それらの負の要素こそが、みんなの根源が最も必要としていることであり、有り難く受け入れなければいけないものだよ。

それらの負の要素を通して、みんなの意識が学び、自己の固有エネルギーを整えるんだ。

 

例えば、病気になって不安や恐怖をもつと、その経験を通して、不安や恐怖を持つ必要はないんだ、とわかるようになる。そうすると、生きる力や自信がつき、生きる安定性が増すよ。痛みは苦しいけれど、身体がよくなろうとする修復反応である、とわかると楽になる。不満という感情を通して病気や悩みに感謝できるようになるし、自分を嫌った経験から自分が大好きになるんだ。

blog08_2

自分がどうあるべきかを悩んだ事により自分を表現するのもうまくなり、ストレスを持たなくなる。

最終的には、自分自身を他と隔離した経験から、自分自身を他人や他の生命と区別しない感覚を持てるようになるよ。
そして使命や生きがいに気づいていくんだ。

そして、楽で愉しく生きられるようになる。

blog08_3

そこまできたら、地球の学びはほぼ終わりだ。次の次元へいざ出発ということだね。

 

でもね、

このように気づいて学んでいくためには、目にみえない固有エネルギーである振動波が、正しく身体に流れていないとダメなんだ。

この流れが乱れていると、いつまでたっても永遠に病気や悩みに苦しむことになるんだよ。

 

 

vol.5 人間の生命と宇宙の関係

今日は一度読んだだけでは少しわかりにくいかもしれないが、一人の人間と宇宙の関係について説明するよ。

前回、みんなの生命の大元は全宇宙の発信源である「グレートゼロ(ワンネス)」から発信される右回りの螺旋エネルギーである、とお伝えしたよね。

ここでわざわざ「全宇宙」という表現にしているのには意味があって、みんなそれぞれ自分にとって自分の宇宙はひとつじゃない。むしろ無数に存在しているってことを言いたいからなんだ。グレートゼロでさえも、たった一つではなく、一人一人の個人に、大元でないはないがそれのコピーみたいなプチグレートゼロが実は無数に存在している。それぞれのプチグレートゼロに対して、それぞれの小宇宙が存在しているんだ。また、自分以外の他者の魂エネルギーの大元である他者のグレートゼロが作り出す宇宙場も、別の宇宙だね。

fractal-300591_1280
今、あなたの意識が体験している宇宙は、あなたの全エネルギーによってできている無数の螺旋エネルギーの中のひとつに過ぎない。

あなたの意識は、無数に存在する自己の螺旋エネルギーのうちのひとつ、しかもそのある一点のみによって体験できる宇宙しか「知覚」できない。

つまり螺旋エネルギー場のある一点があなたの意識中心だということなんだ。人間が時間と空間を認識してしまうのはそのせいなんだ。

実際は、時間も空間も存在していないんだよ。

大事なことをもうひとつ。

あなたの螺旋エネルギー上の意識中心ポイントが体験している宇宙は、あなたひとりだけの宇宙場だということ。それはあなた以外の人が体験する宇宙場とは別なものだ。

あなたがある人やある集団と体験を共有している時は、あなたの宇宙場と相手の宇宙場が接する時で、そこにエネルギーの共鳴が起きるんだ。

つまり人は誰でも自分だけの宇宙を持ち、グレートゼロ(ワンネス)から発生した螺旋(振動波)エネルギーによって自分の生命をなしている。

ただ、その大元のエネルギーは無限大に近い振動数を持つためエネルギーが高すぎて、人間の身体を作るエネルギーにはなれない。グレートゼロのエネルギーが高い状態のまま身体に入ることはできないんだ、なぜなら、身体という低い物質をつくるには、エネルギーは低い状態である必要があるからね。だから今、人間が地球人としての身体を持った状態で存在できているということは、身体の中の振動はエネルギーが下がった状態にあるということだ。

それでは、大元の高いエネルギーがどのようにして身体を作るまでに下がっているか。

これは人間の意識中心にある自己エネルギーが自分以外のエネルギーと共鳴した時、または意識中心のない認識しない自己エネルギーと共鳴した時に、螺旋エネルギー同士が交流、干渉し合うことで、渦を巻く速さ(振動する動きすなわち振動数)が落ちるんだ。その際、エネルギーが落ちると同時に、意識中心でないエネルギーたちが体験して保持する情報や知識を共有することにより、それらを獲得するよ。この際に、なぜ振動波の振動数が落ちるかというと、情報や知識を得る代償に、不安や怒り、嫌悪や不満などの負の感情エネルギー振動波を形成するからなんだ。

しかし、宇宙空間に存在する自分の意識中心のない無意識の無数のエネルギーポイント(プチグレートゼロ)にその意識中心の振動波エネルギーが吸収されることによっても、振動数は変化する。この際は、意識中心の自己エネルギーが必要とする情報や知識が、大宇宙の大元から付加されるんだ。この理由により、エネルギー通しの交流や干渉による振動波の乱れは正され、逆に振動数が上がる。

でも、プチグレートゼロに触れるチャンスは非常に少なく、自分に準備ができているときにしか触れることができない。だから、全体としては、エネルギー干渉による振動数の減少のほうがずっと効果が高いんだ。こうして、徐々に振動数が落ちていくことになる。

そのように総体的に振動数が落ちると同時に、それぞれのエネルギーの共鳴や吸収付加によって、個性を持った自己エネルギーは、地球の環境に適応した、身体に入る直前の振動波エネルギーとなる。それが人間一人ひとりに固有の高次元振動波エネルギーだよ。別な言い方をすれば、ひとりずつに固有な宇宙の叡智と言える。

この固有の高次元振動波エネルギーは、振動数が落ちる前の、それ以前の高い振動数の固有振動波エネルギー同様に意識を持っているんだ。

というより、

螺旋状に回旋する、または上下に振動する振動波が生命そのものなんだ。

この自己エネルギーは超微粒子の動きとしても捉えられる。これを一人ひとりの自己超固有粒子と呼ぼう。超固有粒子が回旋や振動してるということは、動く粒子自身に意識があるということだ。

この自己超固有粒子の動きである固有振動波がみんなの身体に入り、身体を作り、それを働かせ、修復もしているんだ。

そしてこの固有振動波エネルギーは、さらに、地球で生きるみんなの意識や感情を作り出しているんだよ。
わかるかな?