vol.3 鏡に映る自分の姿。それを自分だと思い込んでいないか?

みんなは「自分て一体何者なんだ?」って考えたことあるかい?

そうじゃなくても、人間てなんだろう?命ってなんだろう?魂ってなんだろう?とか、もしかしたらふとしたときに感じるかもしれない。

鏡に映った自分の姿を見て、太ったなとか引き締まったなとか、この目がもう少し大きかったらなあとか、または今日の自分は疲れているなあとか、いろいろ思ったりするだろう。

 みんなは、「自分」といったら鏡や写真に映った自分の姿を思い出すかもしれないが、それはまったく自分自身ではないよ。

それは、みんなの本質が「最終的に物質化した結果として」目に見える形を持つようになったもの、に過ぎないんだ。

 

人間の本質は何かというと、物質の最少単位である素粒子に規則を与えるいわば「エネルギーの指令塔」だ。

しかしそれは文字通りの塔であるわけではなく、「指令する大元のエネルギー体がある」(=人間一人一人を統括する指令官)と考えてみてほしい。これはみんな一人一人の魂の大元ということもできる。

この指令官は、宇宙社会を含む全てのエネルギー場を統括する「総司令官」から分派したもので、それぞれが個性をもつ。

 

一方、「総司令官」は個性を持たないんだ。ただ単に存在し、全ての大元の指令として、それぞれの司令官どうしが調和を持って成り立つように見守っているんだ。

地球では、この総司令官のことを、“大元の神”や“宇宙の根源”などと呼んでいる。

みんなが神と呼んでいる存在は、本当は総司令官に任された全宇宙の管理職といえるんだ。だから、宇宙には一神教の神や日本の複数の神、天使や守護霊、アセンデッドマスターなど、多くの存在があるよ。

 

つまり、

私たちが存在するこの宇宙を含む全宇宙の全責任者である総司令官は一つだけの存在で、いわゆるワンネス(Oneness)と呼ばれるものだ。創造主と言うこともできる。

これも人によってその呼び方を違えているから混乱するだろう。私はそれを無からの全ての始まりという意味を込めて、“グレートゼロ (Great Zero) ”と名付けている。

 

では、最初の問いかけに戻ろう。自分(人間)って何だろう? それは、グレートゼロから発信された右巻きのエネルギーの螺旋そのもの

私たちが存在し感知するこの宇宙は右巻きであるけれど、実は反対の左巻きの反宇宙も存在しているよ。でも、これは感知できないんだ。

160711blog03_1

私たちの右巻きの宇宙において、みんなの一人一人は、この渦巻きにおける螺旋エネルギーの巻く早さが異なっているんだ。これを、魂の個性と呼ぼう。つまり、みんなの違いであり特性であるわけだ。

さてこの螺旋の早さにおいて、螺旋を横から観察して見えるように、一周するのを一振動としてとらえると、螺旋自体はエネルギーの振動としてとらえることができる。つまり、螺旋を粒子が軌道を回っているとして、その縦にして真横からみると、粒子がただ上下に振動しているように見える。これを「振動」と呼ぶ。エネルギーは、螺旋のように時間とともに空間を進行するように感知されるので、この振動は波として観測できるんだ。

だから、みんなの一人一人は、それぞれ異なった振動数をもった振動エネルギーの波だということだよ。あなたそのものである司令官の正体は、無限大に近い固有の振動波エネルギーなんだ。

 

さあ、これで自分の捉え方に悩まなくて済むだろう?

 

vol.2 君が今、地球に生きているのは、君自身が選択したからなんだよ

さてさて、何からお話ししようかな?

 

まず知って欲しい。みんなの「魂としての生命」は、本当はとってもとっても自由で楽しいんだ。

そう、魂ってのは自由なんだよ。160710blog02_1

動きたいときに動き、眠りたいときに眠るんだ。といっても、今のような深くて長い睡眠は必要なく、浅くて短い睡眠で十分。眠たくなければ、全く眠らなくてもよいよ。食べたいときに少しまたは沢山食べれば良いし、食べたくないときは食べなくていいんだ。
自分以外の生命体と交流するときは、わざわざ肉体通しが出会う必要はなく、意識どうしで交流すればいいんだ。そう、楽ちんラクチン。

 

160710blog_02_3 ところがどうだろう?今みんなが暮らす地球は、それとはかけ離れているね。ほとんど真逆だよね。それには、本来自由そのものであるみんなの魂が、さらにもっともっと自由になりたくて、そのための

魂の成長のために、敢えて制限だらけの窮屈な地球社会を好んで選んでいる

という気づかれない真実があるんだ。

 

この窮屈な地球を創っているのは、あなた一人だけではなく、同じ目的を持っているんだけれど、そのことを忘れてしまっているあなた以外の地球人たちの集合した意識だよ。大多数の地球人の意識が、今の地球社会を作り上げたんだ。

 

今の地球は、とっても窮屈だよね。思った事や願った事はすぐに実現しない、困難や障壁をもつよね。病気や身体の不調って多いよね。人生も思い通りにならない、人間関係や生活内容も。悩みいっぱいだよね。

でもね、もし、地球人が自分自身で窮屈な地球を選んだことを知っていたとしたら、みんなの悩みや苦痛はたいしたことではなくなってしまう。なぜって、みんなが体験する悩みや苦痛は自分自身で好んで自らが持ったものだって、気づいてしまうから。

これが、みんなが生きる地球社会のトリックなんだ。

vol.1まず、みんなに宇宙の仕組みを知って欲しいんだが、その前に自己紹介

みなさん、こんにちは!

このブログの第一回だから、初めましてだな。

160710blog_01_2私の名前は 松久 正
「鎌倉ドクタードルフィン診療所」をやっている医者だよ。
だけど本当は「医者」であることが自分の目的ではないし、みんなから先生、先生と呼ばれることが重要なわけではないんだ。むしろそんな肩書きはどうでもいい。けれど便宜上、ドクタードルフィンと名乗らせてもらうよ。

まず最初に言っておく。私の目的はただひとつ、人類の魂を救う、そのお手伝いをすることなんだ。

それで今日から少しずつ、宇宙の仕組みを伝えていくから、よく聞いて欲しい。

多くの地球人はまだこのことに気づいていない。だが、だからこそそれを知らせていくのが私、ドクタードルフィンの使命なんだと思っている。

 

ここまで読んで、なんのこっちゃと思う人もいるだろう。

しかし何かしらピンと来る人もいると思う。

どちらでも構わない。遅かれ早かれみんないずれわかるはずなんだ。今の時点でわかってもわからなくても、ついて来て欲しい。

 

 

その前に簡単な自己紹介をするよ。

160710blog_01_1医者である私が、どうして宇宙の物語から始めるのか、不思議に思うだろう。

それは私の前世がイルカだからだ。

私たちの感知する宇宙社会において、私は地球以外のある環境から地球をよりよい星にするためにイルカとして地球に舞い降りた。地球では、何世代にもわたって人間として生まれ変わった。その度に地球社会とそこに住む人間をはじめとする生命そしてその環境をよくするために、肉体としての生命を犠牲にしながら、みんなが気づくべきことを伝えようとしてきたんだ。そしてその都度、最後までその使命を果たせずにいた。

知っているかい?肉体は滅びても、魂は生き続けるんだ。何度も生まれ変わるんだ。輪廻転生という言葉を聞いたことがあるだろう?

それで、今の人生、すなわち今生は、私の地球での最後のご奉公なんだ。

地球での卒業式を迎えるために、私にとって今生はとっても重要だ。これが最終章なんだ。

 

 

今生での話をすると、幼い頃から私は、世の中の人間の生き方やあり方に疑問を感じていた。それを良い方向に変える、それが自分の使命だ、天命だと直感的にわかっていたんだ。

その天命を果たすため、人間の基本である「身体」をまずは診ないといけない、そう感じて医師になろうと決めた。

ドクタードルフィン 松久 正日本の大学の医学部を出て、故郷の三重で医師としての生活をスタート。現代医学にしっかり触れ、その不完全さを学んだ上で、米国でカイロプラクティック、それに量子力学やスピリチュアルを通して、目にみえないエネルギーを学んだんだ。不思議な力でそれらが統合されて、今の医学や科学を超えた私の活動があるわけなんだ。

医師としての私が提供している診療、私が目指している人間や社会のあり方については、リニューアルされたホームページを是非読んで欲しい。

 

 

私は、地球でのこの自分の活動を通して、「宇宙社会のノーベル賞」を狙っている。

ともかく、このブログでは、地球人のみんなが、今までの常識と固定観念から脱出し、楽で愉しく生きるための情報を発信していくよ。